2014年06月18日

ウォールフラワー「90年代の音楽と青春」

wall1.gifきました!たまに全てが奇跡的にマッチングする映画が!そんな映画に出会うとほんとうに嬉しいです。

時代は90年代、親友が自殺したショックと過去のトラウマから精神病院に入院した経験を持つチャーリーが、高校に初登校する所から物語はスタート。
友達が一人もいない、壁際の花のチャーリーですが、はみ出しものの兄妹、自由奔放な美人サム、サムの義理の兄でゲイのパトリックと出会い、もともと豊かな感性を持っていたチャーリーが、2人との出会いで開花していきます。
wall2.jpgサムに一目惚れする彼ですが、サムはいつもダメ男と恋に落ち
「なぜ優しい人は間違った相手を選ぶのか」
と国語の先生に質問。
「それは自分に見合うと思っているからだ。」
この言葉、とっても納得しました。
間違った人と付き合ったり、失恋したり、音楽テープを作ったり、過去を引きずったり、過去を洗い流したり、無限を感じたり、とにかくキラキラな映画です。

wall3.jpg「ウォールフラワー」は1999年に発売されたベストセラーが原作となってます。それを原作のスティーブン・チョボスキーがあっためてあっためて自ら映画化。監督に「このキャスティングが揃うのを待っていたんだ」と言わしめたキャスティングが本当にお見事!!
特にチャーリー役のローガン・ラーマンがまさかこんな名演ができる俳優さんだなんてビックリした。
この、ローガンとエマ・ワトソンはエンターテイメントなイメージだったのですが、見事エンタメオーラを消し去って、すごく良かった。エズラ・ミラーはハマり役すぎ(笑)
そしてそして音楽も素晴らしいマッチング。お見事な使い方!特にThe SmithsのAsleepとかDavid BowieのHerosなんかはほんと。
イメージ的に「あの頃ペニーレインと」を彷彿と。今でもサントラを聴くとシーンが蘇ってきて、別に悲しいシーンでもないのに泣きそうになっちゃうのです。それって、見事に音楽と映画が奇跡のマッチングを果たしているからなのです!
wall4.jpg
音楽リスト
1. It Could Be Another Change (The Samples)

2. Come On Eileen (デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ)

3. Tugboat (ギャラクシー500)

4. Temptation (ニュー・オーダー)

5. Evensong (The Innocence Mission)

6. Asleep (ザ・スミス)

7. Low (Cracker)

8. Teenage Riot (ソニック・ユース)

9. Dear God (XTC)

10. Pearly Dewdrops' Drops (コクトー・ツインズ)

11. Charlie's Last Letter (Michael Brook)

12. Heroes (デヴィッド・ボウイ)

wall5.jpgサムは音楽の趣味の良い女の子な設定で、
チャーリーはもともとの感性も手伝って、どんどん趣味のよい音楽を聴いていって、がんばってサムのために作ったテープを
「趣味がいいわね」
って褒められるんですけど、そのサムの彼氏には
「絶望的に暗い選曲だな」
とけなされる。

間違った相手を選んでいる。
僕が本当に彼女に合う相手なのに。
wall6.jpg
人ってほぼ間違った相手を選んでいる気がします。

お互いのウィークポイントを愛せる相手。
潜在的なセンスが合う相手。
何より自分を誠実に愛してくれる相手。

そんなピッタリはまった相手がみなさんに見つかりますように^^
posted by sawori at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99997806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック