2014年04月04日

キャプテン・フィリップス「ソマリア海賊のリアルファッション」

cap1.jpgおもしろかったー!
大型貨物船の船長フィリップスの船が、ソマリア沖で海賊に襲われる。
襲われる・・・といっても、小さな漁船に乗る4人の海賊。
「こんなんで?!」
と思っていると、武装した彼らはあれよあれよと言う間に船を占拠。
でもフィリップスの機転で海賊のリーダー、ムセを確保。
しかし、フィリップスは逆に人質に取られ、小さな救命艇で4人のソマリア人と彷徨うことになるのですが・・・。

cap2.jpgこの映画、絶妙なカメラワークで緊迫感を表現しています。
さらに、ソマリア人海賊たちのリアルさと言ったら!
ファッションもリアルでなんかかっこいい。トムハンクスのいかにもアメリカのおじさまファッションとの対比が・・・。
海賊のリーダー、ムセ役の眼光が不気味にどんよりしていて、でも鋭くて、狂気も感じるし純粋にも感じる、素晴らしい存在感でした。
トム・ハンクスもギリギリの精神力な演技、見事です。

しかし、いくら海賊とはいえ、4人だけの小さな漁船。
に対して、アメリカ側は特殊部隊やヘリまで出動し、どこからかムセたち4人の詳細情報まで入手する恐ろしい軍事力と情報力を見せつけてきて、なんか「こわっ!」と思いました。

cap3.jpgこの映画、リーダーシップの対決でもあり、チームワークの対決でもあり、国力の格差も考えさせられました。
「アメリカなら他の道もあっただろう・・・」
とムセが確実に現状にもどかしさを感じている瞬間を見ると切なくなります。
とにかく、4人の海賊役が素晴らしかった!

cap4.jpg







cap5.jpg
posted by sawori at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92522575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック