2014年03月04日

「ブルーノのしあわせガイド」

buruno1.jpg売れっ子俳優の自伝のゴーストライターや、家庭教師などをしながら、なんとな〜〜く暮らしている作家のブルーノ。
ある日、教え子の母親から「その子はあなたの子よ」と告げられる。
そして、同居生活が始まるのですが・・・。

まず、映画ではとってもよくありがちなストーリー!

子供のルカはかっこ良くて学校の人気者だけど、勉強嫌いで落第寸前。
彼と暮らすうちに、ブルーノには父親の自覚が芽生え始め、ルカも自分の人生について考え始める。

絵に描いたように進んでいくストーリーなのに、素直に心に入ってきて、また地味な仕上がりもとっても良い。
buruno2.jpg
とくにブルーノが最高で、中年男子の気の抜けた粋なファッションが本当にかっこ良かった。
基本、ヨレッとしたコットンかレーヨンか麻のシャツに、チノパンにカーディガン。ぼさっとした髪型。ずれている眼鏡。良かったなあ〜^^
ルカくんは、赤いパーカーがほんと似合ってました!
buruno3.jpg
大人も子供も、年をとっただけではあんまりかわらなくって、でも少しだけ長く生きてる分、やっぱりちょっと大人。
そんな大人のかっこ良さが、なんだかじんわりくる。
そんな映画でした^^
buruno4.jpg
posted by sawori at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88869796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック