2013年10月31日

ベニスに死す「ルキノ・ヴィスコンティのこだわり衣装に魅了!」

venis1.jpg
この名作をまだ見ていなかったので早速観賞^^

オープニングのそれはそれは素敵なこと!!
朝日の海に船が浮かび、マーラーの交響曲第5番「アダージェット」が壮麗にたっぷりと流れます。

主人公はそのマーラーに見立てた老作曲家グスタフ。
人生に疲れきってスランプに陥っている彼は、ヴェニスに休養に訪れます。
そのホテルで、家族とヴァカンスに来ていた、この世の究極の美を体現したような美少年タージオに出会い、自分の中で忘れかけていた「美」に対する想いを取り戻していきます。でもただ、見つめているだけ・・・。
そんな折り、ヴェニスでは疫病が流行りだし、グスタフはウィーンへ帰ろうとしますが・・・。
venis2.jpg
カメラのワンカットが長く、結構素人っぽくズームしたり動いたりするのですが、でもルキノ・ヴィスコンティは完璧主義者だというので、それが彼なりの「美」なのでしょう。
しかし何と言ってもお洋服−−−−!!!
素敵すぎた。
この映画を観て、うちのお店『Moviegoer Shop』でも取り扱っているLAのブランドDear Creaturesのデザイナー、ビアンカとロブは絶対この映画大好きだろうと思った。
セーラーのワンピースとか、もうすぐ出るワンピースもとっても似ているから。
ヴィスコンティは船頭の衣装一つにもこだわっていたというだけあって、本当に素晴らしかったです。
特にタージオの妹たちのワンピースが最高にかわいい!
もう全部マネして作って欲しい。麦わら帽子もツバを前の方だけくるっとして、太い黒いリボンで可愛すぎる><ぜひ観てください!
venis3.jpg
映画中、「美」についてグスタフと友人が口論になるのですが、とっても印象的でした。
「悪」は美ではないというグスタフに対して、
「悪は天才の糧だ」
というセリフ、なんかぐさっときました。

ラスト、「悪」を含んでなお魅力を増す究極の「美」=タージオを見守りながら、満足そうに醜悪に死んで行くグスタフの映像。
終始流れるマーラーの「アダージェット」。
素晴らしい芸術作品でした。
venis4.jpg







venis5.jpg
posted by sawori at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79569988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック