2013年09月30日

エデンより彼方に「50年代の理想の奥様ファッション」

eden1.jpg何となく見た1本。

50年代の美しい街に、それこそ主婦のお手本のような美しい女性。
2人の可愛い子ども、会社重役の夫、主婦の鏡として雑誌にも取り上げられる自分、素敵なご近所さんとのパーティ。
そんな夢のような日々も、夫がゲイだという事実を知って崩壊して行きます。
そんな時、庭師の黒人男性と意気投合するキャサリンですが、まだ黒人差別の激しい50年代のアメリカではそれが大問題になってしまい・・・

eden2.jpgこの作品は、50年代のメロドラマの巨匠ダグラス・サークの「天は全てを許し給う」など、サーク作品のパロディだいう、監督のトッド・ヘインズ。
私はサークを知らないので何ともいえないんですが、サークファンの為の映画だと言うことです。

さて、とにかくアカデミー賞にノミネートされたジュリアン・ムーアの演技がスゴイ!
このキャサリンという女性は、「家族のため」というよりは「家族のために尽くす自分」に酔っているような女性。子どもの試合より、自分のパーティを優先するような。かといって、他の女性より差別意識にもとらわれること無い内面も持っている。実は人間同士、垣根の低い感覚を持っていながら、50年代という時代に毒されている複雑な女性なのです。
eden3.jpg
人一倍オシャレなキャサリンなので、お洋服も凝っていました!
50年代特有のタイトなテイラードジャケットにふんわりスカートや、スカーフを頭に巻いたり、ファッションは見ていてとっても楽しめます。

夫がゲイだとわかり、しかも夫が逆切れしたりで、夢のような家庭が崩壊して行く様を見ていると、フィッツジェラルドの言葉が思い浮かびました。

「人生は崩壊の過程だ」
eden4.jpg
このフィッツジェラルドの言葉は、本を読んでいてとてもグッサリきたのでよく覚えているんです。
そして、だからこそ「人生を生き抜くには希望があることが大事」というこの言葉の本質も大好きです。

とにかく、ジュリアン・ムーアはスゴイ!という映画でした^^
posted by sawori at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76952656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック