2013年03月14日

iLove 「おばあちゃん」

おばあちゃんが先日93歳で亡くなりました。
小さい頃、病気がちだった私はよく母の実家に預けられていて、おばあちゃんやおじいちゃんにお世話になりました。
おばあちゃんはよく「赤い靴」という歌を歌ってくれていたのですが、
「赤い靴 はいてた女の子 異人さんに連れられて行っちゃった」
の「異人さん」を「にんじんさん」だと思っていました。
異人さんだったのね、おばあちゃん。
よく詩吟も歌ってくれました。
そんなこんな、わたしは大きくなって、おばあちゃんは歳をとって、私だって波瀾万丈かと思うけど、おばあちゃんは桁違いの波瀾万丈。
だんだん足も悪くなって、介護していた実家のみんなはほんとうに大変だったと思います。
わたしはおばあちゃんの、かわいい、ほんの一部しか知らないから、ほんとうに一緒に住んでいた人は凄いと思うし尊敬するし悲しみももっとたくさんだと思います。

おにーちゃんが卒業式のときに歌った合唱曲。
「いのちの歌」
竹内まりやが本家かどうかわからないけど、竹内まりやの歌声で聴く「いのちの歌」はハンパないです。
なので、この曲を天国のおばあちゃんと親族みんなに贈ります。
天国で大好きないいちこを飲んで、先に待ってたみんなと世間話で盛り上がっていることを願って☆

「いのちの歌」竹内まりや

posted by sawori at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | iLove
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63688796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック