,映画ファッションのご紹介" />

2013年01月31日

裏切りのサーカス「むずかしいけどクセになる!60〜70年代イギリスの風景やファッションもハート(トランプ)

uragiri1.jpg観始めてしょっぱなから置いていかれる難しさ。
そーゆうのはたまにあるけど、たいていはそのうちわかり始めるものなのですが、いつまでたっても??があって、わかる部分もあるのだけど、全体像が掴みにくい・・・そんな映画でした。
と、言うことでもう1回観るつもりです><
だって、なぜかとってもクセになる映画だからです。
しっかり把握したい!なんなら原作読むぞな勢いです。

uragiri2.jpgようは、ソ連とイギリスの冷戦下、イギリス諜報部(通称サーカス)に敵側の2重スパイがいて情報漏れてるから、その人物を探し出せ!という内容。
なんですが、実にややこしい。
その裏切り者を探す役目がゲイリー・オールドマン。さすがの存在感。
そして右腕に抜擢されたのがベネディクト・カンバーバッチ!
最近「シャーロック」でLOVEハート(トランプ)な彼ですが、この映画ではブロンド!全然イメージ違う!けどデキル男というこの役、ほんとうに似合っていました!コリン・ファースの存在感にも引けを取ってない、むしろ勝ってたかも!
uragiri3.jpgスーツも似合うし良かったなーハート(トランプ)このブロンドで昔の映画「モーリス」を思い出しました。なんとなく似てませんか?
トム・ハーディも出てますが、「インセプション」でも思ったのですけど、カッコいいんだかどうなんだか、不明な人です。あま〜い顔とうるうるな瞳でグッサーとなるものの、全体的にみるとずんぐりしていてあんまり?謎な魅力。
むさ苦しい中に華を添える、イリーナ役のスヴェトラーナ・コドチェンコワ。美しすぎる〜透明な風が吹き抜けるような女性!
uragiri4.jpg
舞台が60〜70年代のロンドンということで、町並み,特に車がとっても可愛かったですハート(トランプ)あと、スパイたちのスーツにコート、仕立ての良い感じが最高にクール!男性は着こなしの参考になるかもしれません。
監督の友人でもあるという、ポール・スミスがクリエイティブサポートとして参加しているということで、どうりでオシャレなはずです!

uragiri5.jpg監督はわたしが大好きな映画「ぼくのエリ」のトーマス・アルフレッドソン監督。なんとなくフィルムに冷たい空気感を感じさせる監督さんは、ポール・スミスのお洋服の常連さんでもあるそうです。

曲も素晴らしかった!ラストのフリオ・イグレシアスのあの明るい曲でしめるあたり、監督のセンス相当だと思います。
ほんとうに後になってからじわじわっとくるそんなクセになる映画です!


posted by sawori at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61890481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック