2012年09月21日

ザ・エッジ・オブ・ウォー戦火の愛「超ストライクなワンピースファッション」

senka1.jpgやっと見ました。
キーラ・ナイトレイの未公開映画。
私のお気に入りブロガーさんが話題にしていて,早く日本でも発売されないかと待っていたのです。

時代は第2次世界大戦下のイギリス。
バーで歌を歌いながら生活しているヴェラ(キーラ・ナイトレイ)が初恋の男性ディランに再開。
しかし、彼には既にキャトリン(シエナ・ミラー)という奥さんが。
なんだか寂しい思いをしているヴェラに、バーでヴェラに一目惚れした兵隊のウィリアム(キリアン・マーフィ)が求婚し、結婚。
senka3.jpgしかし、ウィリアムは戦地、しかも前線に出兵されてしまいます。
彼の帰国を待つ間,3人の生活が始まります。
複雑に思いが絡み合うなか、戦争から帰ってきたウィリアムは別人のような人格になっていたのです。

初恋の相手で浮気者の詩人ディランと、過酷な前線へと自ら赴く一途なウィリアム。そして、親友となるキャトリン。複雑な4角関係。その狭間での揺れ動きが描かれています。とっても女性視点。

senka4.jpgそしてそしてファッションが、ヤバいのです><
こんなにどストライクなファッション、最近では珍しい。
40年代なのに、もう全然いますぐマネしたいファッションです。
花柄ワンピースにザックリカーデに長靴。
あー最高ハート(トランプ)
senka4.jpgロンドンではがっつりメイクにぱりっと仕立てのよいスーツなんか着て、髪もくるんとカールでまとまってるのに、ウェールズの田舎では、ゆるワンピースにざっくりカーデに長靴、ナチュラルメイクというこのギャップが最高。

あと、ディランが詩人という設定なので、美しい言葉もたくさん。

無骨なウィリアムだって

senka5.jpg「僕にとって初恋は過去のもの。
探しているのは最後の恋なんだ。」

などと、キュン死にワードを炸裂させてくれます。

senka6.jpg公開されなかったのは、ゆらゆらと揺れ動く感情の幅がエンターテイメント的ではなかったのでしょうか?
でもキーラ・ナイトレイとシエナ・ミラーのオンオフの姿がこんなにきっちり見られる映画も少ないと思います。
キリアン・マーフィも美しかったーーハート(トランプ)
戦火の愛というだけあり,キュンだけではなく、戦争が生み出す狂気も垣間みられる作品だと思います。

しかし、くどいようですが、ファッションがほんとに好みなのでぜひ!!ハート(トランプ)
senka7.jpg
posted by sawori at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58413432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック