2012年08月31日

ペーパーチェイス「勉強がしたくなる!70年代ロースクールファッション」

paper1.jpg70年代、ハーバード大学の法科の学生たちの勉強!!時々恋愛な映画です。

憧れの教授キングスリーに認められたいと、とにかく猛勉強する主人公。
彼に認められ「優等」をとることが、すなわち未来の出世に繋がっているのです。
とっても綺麗な彼女も出来るのですが、
「君と会ってばかりで勉強がおろそかになったじゃないか。
内助の功が足りないぜ」
なんてゆう始末。

paper2.jpgケンカ別れしても、花束を贈れば仲直り。

そしていきなり
「結婚か同棲がしたい。
中途半端だと何もできない。」
とプロポーズ。
「なんで法科の男はなんでも型にはめたがるの?」
ふくれっつらの主人公。
「週末海へ行きましょ。やさしくしてあげる。」
「ほんと!!?」(一気にテンションあがる)
た・・・単純か!(トシ風に)

paper3.jpgそして週末・・
「ゴメン教授に資料作りを頼まれて海行けない」
「もう、いいわ!!」
なぜか怒る彼女。
普通なら教授に認められたって喜んであげるとこ?

昔の映画はとにかく直球だなといつも感じます。笑


paper4.jpg70年代の学生のファッションはシャツにピタッとしたチノパン、チェックのジャケット、上質のコート。ふわふわヘアー。『ある愛の詩』を思い出しました。
リンゼイ・ワグナーが大人の女性って感じでめちゃ綺麗ですハート(トランプ)

とにかく、一生懸命勉強する学生たち。
パソコンも携帯も無い時代。
人類の知識は本とノートに詰め込まれている。
なんかかっこいいハート(トランプ)

paper5.jpgラストシーンは
とにかく『結果より過程が大事だ』というメッセージを感じました。
posted by sawori at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57909908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック