,映画ファッションのご紹介" />

2012年08月23日

Summer sonic2012 in Osaka レポートハート(トランプ)

サマーソニック行ってきましたーハート(トランプ)
samasoni.jpg今回のフェスファッションは暑さに自信がなかったため、ワンピースに。
Ray Beamsのヴィンテージです。
今年のサマソニは何やら波乱含み・・・

最初にOther Livesを見ようと、唯一の屋内会場Sonic Stageへ。
セッティングに期待が高まる中、いきなり雷が落ち停電!!!!
電気系統が一気にショートし、豪雨も降り出し、スキスキだった会場に一気に詰め込むお客さん。酸素が薄い・・・
放送もスタッフによる説明もないまま2時間が過ぎ、隣に座っていた大阪のおばちゃんの怒りもピークに・・・
「ちゃんと,説明せーよ!みんな不安やん!!」(こわかった・・・)

まあ、そんなこんなで、2時間半押しで無事再開。
Other Livesは結構良かったです。
5人?のメンバーが一人何役も楽器を操り、ちっちゃい音楽隊といった感じ。
チェロ&ボーカルの女の子のワンピースが可愛かったですハート(トランプ)
Other Lives/For12


そして、なんと、ジャミロクワイが出演キャンセル!!!!!!泣
久しぶりにジャミが見れるかと思っていたのに、大ショック。
動画で味わっておこう・・・T_T
Jamiroquai/Travelling without moving


気を取り直して、いよいよNew Orderハート(トランプ)ハート(トランプ)ハート(トランプ)ハート(トランプ)
さほどFanじゃなかったNew Orderを大好きになるきっかけはJoy Divisionを知ってからでした。
こんなスゴイバンドがいたんだという衝撃。
そして、バンドの核であったイアン・カーチスが無くなって、支柱が無くなってしまったバンドNew orderが生まれたのを知りました。
音楽性に違いこそあれ、joy divisionからNew orderの流れに、わたしは胸がキュンとしてしょうがないのです。
そして実際のNew orderは想像より遥かに良くって、とにかく映像の完成度とセンスの良さがハンパなく、音楽と見事に合っていて、バーナードがおじさんだとかそんなことはどうでも良くホントにホントにカッコよかったハート(トランプ)
本物と偽物の違いってなんなんでしょうか?
New Orderは紛れもなく本物でした。
自己満足が一切なく、全て観客の為の、全てのJoy DivisionファンとNew Orderファンのためのステージでした。ほんとに最高にHappyな気分ですハート(トランプ)
New Order/Temptation


打って変わって2日目は晴天!!
St Vincent
ヴァクシーンズがあれれ?という感じで向かったセイントヴィンセント。
想像以上にすごすぎて、ここにも本物が!!
綺麗で小柄な体からは想像もつかない尖ったギタープレイ。
その痛々しいギター音が胸に刺さりまくって、泣いてしまいました。本物の音は必ず泣く><
その後サイン会で間近で見た彼女はホント綺麗で、でも目が繊細で優しくて奥が深くて足は傷だらけで、それで余計に大好きになりましたハート(トランプ)
サインもらっちゃったーハート(トランプ)
St Vincent/Marrow


Franz Ferdinand
イメージ的に去年のストロークスぐらいの衝撃を期待していたのですが、そこまでではなかったものの、楽しませてくれましたハート(トランプ)
とにかくバンドとしてまとまっている感じ。
バンドっていいなハート(トランプ)と思わせてくれるステージングでした。
最後は4人でドラムを叩いて湧かせてくれましたー!あーHappy−^^ハート(トランプ)
Franz Ferdinand/Michael


そして夕暮れ時・・・・
Sigur rosは始まりました。
想像を絶する体験です。
楽隊はライティングで浮かび上がり、まさに一つのセットのようで、バックモニターに映るライブの映像はモノクロで、つま弾く手元、ドラムの足踏みをアップでとらえています。
バックのスクリーンには、シガーロスの世界観を増幅させるような映像世界。
ヨンシーの神の降臨を思わせる声。
その後に襲いくる、ぐちゃぐちゃに混濁とした轟音。
それがすべて、ぐわーーーっと会場に広がったかと思うと、全部の音が纏まって矢のように体めがけて入ってきて、ビリビリと音を吸い込んで、そのシガーロスの世界が体に充満するのです。
弦でギターをつま弾くヨンシーは、世間で見れば間違いなく異質だろうに、こうやってたくさんの人を魅了して惹き付けてやまないのは、ほんとうにすごいと思った。
自分であることにぶれない姿に感動した。
わたしがいろいろ悩んでいることも、「そんなことをなぜ悩む」といって「大丈夫だよ」と言ってくれそうで、そんな風に音楽やステージングで感じさせてくれるシガーロス。
ホント最高だった!!
ベストアクトでしたハート(トランプ)
Sigur ros

posted by sawori at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | iLove
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57742810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック