2012年03月29日

レオナルド・ディカプリオ

reo1.jpg
1974年生まれの37歳。ドイツやイタリア系の家系と聞くと確かにという顔立ちですよねハート(トランプ) 小さい頃に両親が別居したという背景やベジタリアンでありエコ活動にも積極的だなんて、なんとなくただのアイドル上がりではない奥深さを感じるディカプリオ。
そんなディカプーが最高にキュンとさせてくれる4作品をご紹介します♪

reo2.jpgまず、ディカプーを最初に知ったのは「ギルバート・グレイプ」。
ジョニー・デップと共演したこの映画では知的障害の男の子役をやっていたんですが、アカデミーノミネートも納得の演技で、ビックリでした。
アカデミーの記者が「超大型新人だ。リバー・フェニックスの再来だ。」と言っていたのを思い出します。

reo7.jpg
そして「ロミオとジュリエット」。
現代版ロミジュリを、クレア・デーンズと共演するという話題の映画で、ほんとキュンとしましたハート(トランプ)




reo3.jpg「太陽と月に背いて」ではゲイ役に挑戦。ディカプーはもう美しいとしかいいようのない美少年ぶり><素敵すぎましたハート(トランプ)





reo6.jpg「タイタニック」は映画自体のできよりは、ディカプーのカッコよさにほれぼれする映画。最高でしたね〜〜ハート(トランプ)

おじさん。。。といってもまだ37歳なのになんか老けてしまったレオさま。
昔の写真のイケメンぶりを見るとやっぱりキュンとしてしまいますハート(トランプ)
reo5.jpg
posted by sawori at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54707922
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック