2012年02月03日

キルトに綴る愛「おばあちゃん達のレトロワンピース」

kilt1-1.jpg
なかなか、えいっ!と手が伸びす、見ずじまいになってた映画。

 ウィノナ・ライダー演じる結婚を控えた26歳の女の子が、祖母の実家へ3ヶ月間滞在する話。
 孫に、結婚祝いでキルトを送りたいと思ったおばあちゃんは、5〜6人のキルト仲間のおばあちゃん達を集めて、大作に取りかかります。
 結婚を前に、少しマリッジブルーになっている彼女。本当に一生の伴侶は彼でいいのかという葛藤でナーバスになっています。
 一方、キルトのテーマが「愛の住むところ」ということで、それぞれ、おばあちゃん達の愛の過去がよみがえり。。。

kilt4.jpg

 今では意地悪になってしまったおばあちゃんが、実は昔はめっちゃ綺麗で愛や夢に満ちあふれていたのを見ると、なんか切なくなりました。そして、時代が50年ほど?遡るので、お洋服が半端無く可愛いです!!とにかく可愛いワンピースのオンパレード。画像探したんですが、なかった (泣) 私にとってはこれは、確実に「買い」の作品です☆ 
 
 完全に女目線な映画なので、女優さんが光っていました☆
 やっぱり、ウィノナ・ライダーは可愛すぎます。何よりも表情が最高♡ めっちゃカワイイ水着姿も見れます。意外にぽっちゃり??

kilt5.jpg

 そして、若き日のおばあちゃん役、クレア・デーンズ。Wikiで調べるまで、アンナ・パキンだと本気で思ってました(笑)実際、似てるんじゃ??


kilt6.jpg

 印象的だったのは、サマンサ・マシス。若き日の意地悪おばあちゃん役。全然知らなかったんですが、笑顔が可愛くてほんとにキュートです♡ 生活に疲れて愛が消えていく演技も良かった。彼女,リバーフェニックスの彼女で、リバーの死を看取ったらしい。。。好きな人が死んじゃうなんて、想像を絶するな。



kilt3.jpg

 「若い頃の恋は完璧を求めるが、年老いた愛ははぎれを集めた重なりの美しさを求める」

と詩人が言っていました。

 どうやったって、若いの頃の愛は忘れてゆくものだけど、それも愛の一部で、感じてきた愛や思い出をピースで集めて重なり合わせて、やっと一つの愛が完成するんでしょうか。まるでキルトのように。そんな映画でした♡

kilt.jpg
posted by sawori at 22:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
なるほど。キルトね
そんな愛もいとおしく思えるといいなー
まだ見ぬ未来に願いを馳せるのだ

いつかキルトをしたいなーと
思うけど、肩こりに悩まされそうで
心配
Posted by masuky at 2012年02月04日 22:36
ねー(>_<)そんな境地にたどりつくんかな。

わたし、キルト何回か挑戦してるけど、毎回中途半端(笑)
めっちゃ肩凝るよねー(>_<)
裁縫得意な人はすごい!
Posted by Sawori at 2012年02月05日 14:53
上の写真はサマンサマシスじゃなくてクレアデインズじゃないか?
Posted by にこ at 2015年10月14日 15:33
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53436269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック