2019年01月21日

「女と男の観覧車」50年代のお洋服を着た疲れ切ったケイトが最高!

ウディ・アレン監督の新作じゃー!しかもケイト・ウィンスレット主演だし(好き)。ということで見てみました。
ケイトがジャスティン・ティンバーレイクと不倫する話ですが、ウディ・アレン独特の人間関係の絡み合いと、語りが効いている作品です。
舞台は50年代のコニーアイランドで、色彩もファッションもかわいくて見ごたえあり!
内容的には正直、ケイトが痛々しくてラストらへんは見てられませんが、50年代のドレスを着た疲れ切ったケイトは美しく、観覧車が見える小屋での荒んだ生活と相まって、独特の映像美を醸し出していました。


photo_m_10.jpg

photo_m_09.jpg
posted by sawori at 10:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
今子供の頃に見た小さな恋のメロディを検索していたらあなたのブログに行きつきました。

メロディちゃんの制服良いですね。

まだあなたのブログを本格的には読んでいませんが映画の趣味が若いあなたと私と似てるので驚きです。
スタンリーキューブリックの時計仕掛けは若い頃飯田橋の佳作座で観て度肝を抜かしましたよ。
またきますね。ありがとう♪
Posted by ママりん at 2019年06月26日 10:33
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185417054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック