2015年03月23日

フューリー「やっぱり第二次世界大戦時の女性の服はかわいい」

photo02.jpgブラピ製作主演の超大作、「フューリー」を見ました!
『戦車戦』に特化した戦争映画って初めてで、今までは、戦車って確かにあるけど遅そうだし地味。って思ってました。でもすごかった。でも戦争だからかっこいいって思いたくない。戦車なんてなくていいと思う。

さてさて、とにかく俳優さん達の演技が最高でした!
戦車「フューリー」チームのリーダー役のブラピはとにかく重厚感たっぷりで、容赦なく怖いけどリーダーとして頼れる存在。でも実はとっても繊細なんだなっと匂わせる雰囲気。シャイア・ラブーフは顔だけ知ってたけど、とにかく最高の演技。存在感たっぷり。今まで作品に恵まれてなかったんだなと思う。
そして何と言ってもローガン・ラーマンがとにかく最高!「ウォールフラワー」で見せてくれた繊細な感情表現はここでも健在!ファンです!

あと、この映画にも出てきますが、この年代の女性の服って本当に女性らしくてエレガントでステキ。体のラインに沿ったワンピースなんかが多いですよね。丈は膝隠れるくらいで慎ましいんだけど、なんかエレガント。
photo07.jpg
しかし、内容は残酷でした。
ブラピは戦争の理想と現実、残酷と狂気、慈悲と良心全てを描いてくれました。
「理想は平和だが、戦争は残酷だ」
平和という理想のためにはじめた戦争なのに、平和とはほど遠い残酷をもたらしている悲しみと矛盾。
みんなの表情がそんな感情を表していて、見応えのある映画でした。


photo12.jpg
タグ:フューリー
posted by sawori at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115576404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック