2015年01月17日

かいじゅうたちのいるところ「まっしろふかふか」

WTWTA_wp1_1024x768.jpgスパイク・ジョーンズ監督の映画。ずっと見ようと思っていたのですが、見るタイミングがやっときました。

「かいじゅうたちのいるところ」はもともと絵本なのですが、あの短い絵本がこんなにも心にぎゅっとくる映画になるなんて。
脚本の素晴らしさと監督のセンス、恐るべし。

空想好きの少年マックスは、お姉ちゃんに無視され、お母さんに叱られ、イライラ。家を飛び出し船を漕ぎ出すと、かいじゅうたちのいる島に到着。
そこでかいじゅうたちの王様になり、たのしく暮らすのですが・・・

マックスの着る着ぐるみが、白くてふかふかで、カワイイ!
個人的に今年の冬は、白にハマっていたので、すんなり入ってきました。
この映画のために何十着ものふかふかが用意されたみたいで、映画作るのってほんと大変でお金かかることなんですね・・・><
WTWTA_wp3_1024x768.jpg
スパイク・ジョーンズ監督と言えば、ソフィア・コッポラの元ダンナさまで、そういった面でもセンス良い。
カレン・オーが歌う曲も最高です。使いどころもバッチリ。

子ども映画だからか、シンプルで余計な説明が無く、「愛」についてもシンプルに表現されています。
「愛」は「自分を認めてくれる存在」がいるということの特別さと安心感じゃないかなって思います。
posted by sawori at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112256831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック