2016年11月15日

狂った果実「可愛い!1950年代の日本の女の子服」

石原慎太郎脚本、石原裕次郎主演「狂った果実」を見ました。

この年代の映画って、早口。結構棒読み。
ビックリしたのは女の子の服の可愛さ!みんなオシャレ。50年代キュッとしまったウエストにフンワリスカート。
そして岡田眞澄がかっこよくてビックリ。
kajitu1.jpg
内容は「悲しみよこんにちは」をなぜか彷彿とさせたけど、北原三枝の役がとにかく恋多き女でそれに翻弄されて狂わされる兄弟が、本当に怖かった。
ラストは印象深くて衝撃。
2度見てしまった。
良い映画でした。
タグ:狂った果実
posted by sawori at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2016年11月03日

「リップヴァンウィンクルの花嫁」メイド服のかわいさ

岩井俊二監督だいすきです。
しかし、軽い気持ちで見たら3時間!長かったけど、主人公七海の人生がどんどん変わっていくのでハラハラドキドキです。
eiga.jpg
オープニングの映像と音楽とタイトルの入り方はまさに岩井ワールド。
七海が都会の早朝に彷徨うスローモーションも美しい。
そして大きなお屋敷のメイドをすることになった七海のメイド服の可愛いこと!
やっぱりメイド服って偉大。ストラップシューズ激可愛い。
コッコが出演してて存在感が強すぎてなんだか違和感を感じたんだけど、黒木華ちゃんがほんとに可愛く撮れていた。
あと、綾野剛のアムロとかガンダムネタたくさんで楽しい。
eiga3.jpg
岩井監督曰く、転落しているようにみえる人生も、別の角度から見ると浮上しているような映画との事で、まさにそんな感じです。

私たちの人生も、もうこんな不幸があっていいのかって思って落ち込んでも、もしかしたら幸せに転換している分岐点かもと思うといいなあって思いました。
eiga2.jpg
posted by sawori at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション