2015年09月12日

きっと、星のせいじゃない。「Tシャツとジーパンとスニーカー

gallery_img_02.jpg「500日のサマー」の脚本家さん。
1回目見たときは深夜ということもあって泣いてしまいましたが、もう一回見ると気になるとこもいっぱいあった。
でも素直に見た方が良い映画だと思います。
ストーリーは、末期がん患者同士のラブストーリーです。
死を覚悟しているもの同士の死生観と、普通のティーンエイジャーの恋愛が何となく大人と子どもの両方を合わせてるみたいな不思議な感覚。
主人公のヘイゼルの服がティーンエイジャーらしくて可愛かった。紺色のハイカットコンバース可愛いな。欲しい!
gallery_img_03.jpg高級レストランでオシャレしたブルーのドレスも素敵だった。
映画で1番感動したセリフは
「私は感謝してる、あなたとの小さな無限を」
「小さな無限」(little infinity)て響きがとってもいい。

そして、選曲も良かった!
レディオ・デプトに、M83.、ジェイク・バグ、コーダラインなどなど、星とかにちなんでか、夜空が似合いそうな選曲。

最後の小説家とのやり取りがいまいちしっくりこないのですが、もし自分なら?もし恋人が明日をも知れない身なら?子どもが?と考えてしまう作品でした。
gallery_img_04.jpg
posted by sawori at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション