2015年05月12日

シンデレラ

magic_go_trailer.jpg誰もが知っているおとぎ話をデイズニーが実写化した話題の映画です。

早速観てまいりました(^^)
ストーリーは言わずもがな。

あの名場面がどのように描かれるのか??
誰もが知っているだけに、皆を納得させるのは難しいと思われましたが、
見事に実写化されたと思います。
特に金色のかぼちゃの馬車には驚かされました。
そして、舞踏会の青のドレスもとても印象的でした。

また、おとぎ話では語られなかった謎が明らかになります。
どうして、王子は国中の女性にガラスの靴を試させたのか?
どうして、継母はシンデレラあそこまで憎んだのか??

そして、シンデレラは決して魔法の力だけで幸せになったのではないということ。
確かにお城の舞踏会に出かける時は、魔法の力で、ドレスや馬車を用意してもらいます。
でも、12時の鐘の音とともにその魔法が解けると、フェアリー・ゴッドマザー
は、二度と現れません。
後日、ガラスの靴を前にしたシンデレラは、ただの平民の娘。特別な力も、もちろん財産もありません。
彼女の純真さ、愛と優しさをもって困難に立ち向かうことのできるその強さに
王子は魅かれたのだと思います。

また、特筆すべきなのは、まま母役のケイト・ブランシェットですね。
美しく魅力的な外見とシンデレラに向けて注がれる冷ややかな視線、そして嘲笑う姿。
まさに圧巻の演技でしたね。
脇を締めて、物語の奥深さを伝えています。

☆☆ ・・おススメとさせていただきます(^^)

(ムービーゴーアースタッフ)
magic_go_gallery.jpg
タグ:シンデレラ
posted by sawori at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2015年05月04日

アバウト・タイム「レイチェルの時代遅れファッション」

about.jpgいいよ!と話題だった映画見ました。
レイチェル・マクアダムス好きなので楽しみに見始めると、相手役の男子はハリーポッターのロンのお兄ちゃんビル役のイケメンだった!テンションあがっているとその父役は魔法省大臣。チョイ役でダドリーおじさんが出るなど、ハリポタ俳優陣にまたテンションアップ!
内容は、代々タイムトラベルできる能力が備わった家系に生まれたモテない男子がタイムトラベルを駆使して彼女を作るというお話だけど、コメディと言うよりは「運命の必然」を考えてしまう内容になっています。
映画中、レイチェルのセリフで「時代遅れな服だけど・・・」というのがあるんですが、確かに今時のエッジーな女子ファッションではなく、NYの古着ファッションのような、ベーシックで可愛くて大人っぽいそんなワンピースやコートを着こなしていました。また、レイチェルの体型が二の腕やおなかがポテッと柔らかそうで、だからといって太っているわけでなく、こーゆう服がよく似合う女性らしい体型なんです!前髪パッツンも可愛い。いっぽう彼氏役の田舎イギリス男子ファッションも好き!赤毛も最高!

何度やり直しても、結局彼女と恋に落ちる。運命の相手と出会うのは必然で、何でも無い一日も全てが「必然」で出来上がっていると思えばとっても大切で愛しい一日になる。
観終わった後、大好きな人たちがさらに愛しく感じられる。
そんな映画でした。
about2.jpg
posted by sawori at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション