2014年09月28日

ブエノスアイレス恋愛事情「南米だけどヨーロッパ的ファション」

bueno1.jpgとってもセンス良い映画でした!
マルティンは人ごみ恐怖症で、外出もあんまりしないウェブデザイナー。
マリアーナは閉所恐怖症の、建築家(だけど今はショーウィンドウデザイナー)2人の感性はものすごく似てるのに、ご近所に住んでいながら、お互いの存在を知りません。
お互いいろいろ恋をしますが、長続きしません。
この運命の2人は出会うことができるのでしょうか。
bueno2.jpg
・ ・・とストーリーを書いているとなんか軽そうな内容ですが、とってもセンスいい映画です。
ブエノスアイレスの町並みの切り取り方や、主人公男女それぞれの思考が箇条書きのように繰り返され、一言一言に重みがあるので、咀嚼に時間がかかるのがまるで『ベルリン天使の詩』みたい。言葉の情報量が。
実はこの映画は、もとは短編作品で、賞をたくさんとったため、長編にされたんだとか。もしかして、この内容は短編の方があっているんじゃないかなと思いました。

南米の町並みだけど、なぜかヨーロッパを思わせるセンス。主人公のお洋服は男女とも好み!
女性のよれよれジーンズに紺のコートって最高にカワイイ。
bueno3.jpg
無機質な建築が人格に影響を及ぼし、人間関係が希薄になる。
自分にピッタリの人がいるはずなのに、間違った人と恋におちる。
違和感に気づきまた独りになって・・・

と現代恋愛事情を考えてしまう作品でした。
ダニエル・ジョンストンの曲が最高だったので、貼付けておきますね^^

posted by sawori at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション