2014年05月21日

ごめん、2回目「シド・アンド・ナンシー」

s&n.jpg 私が映画を見る時間は主に、ご飯のとき、化粧するとき、洗濯たたみ&アイロンするとき、と小間切れ時間を利用しているのですが、今日もお昼御飯時に「シド・アンド・ナンシー」見直してしまいました><
前回のブログはこちら
http://moviegoer.sblo.jp/article/56301419.html

セックス・ピストルズの生い立ちを少し
ヴィヴィアン・ウエストウッドとマルコム・マクラーレンの立ち上げた「Let It Rock」いう服飾ブランド(後に「SEX」)は、店に出入りしていた不良少年と店の店員を集めて「セックス・ピストルズ」というバンドを作りプロデュース。
ファッションも含め、1970年代にパンク・ロックムーブメントをおこしました。
ジョニー・ロットンの派手なヘアスタイルとがなるようなボーカル、そしてカリスマベーシスト、シド・ヴィシャスが加入し絵的にもかっこよくなったのです^^でも、シドは恋人のナンシー殺害の容疑をかけられたまま、オーバードーズで亡くなってしまいます。美人薄命・・・というか美男薄命・・・


何度みても、シド役のゲイリー・オールドマンが最高にかっこいいのです。
ため息ですからみんなも見てね!
パンクファッションもいいなあ♡

唯一、ゲイリーの演奏シーンは嘘っぽくていまいちなので、本物をどうぞ。
本物のシドもかっこいい♡

posted by sawori at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション