2014年02月18日

アメリカン・グラフィティ「フィフティーズなお洋服」

image201402181.jpg高校を卒業して大学へ旅立つことになった、カートとスティーブの旅立ち前夜の物語。
全体を通して流れるオールディーズと50〜60年代なお洋服が特徴的!
ポニーテールにシャツとカーディガンに膝下丈のふんわりスカートにくるぶし丈ソックス。ピーターパンカラーのワンピースなどなど、目移りしちゃうファッションがずらりです。

ジョージ・ルーカスが自らの青春時代を描いた内容で思い入れも強く「この時代以降、イギリスから新しいロックが入り、アメリカの純粋なロックは終わる。」と感慨深げに語っていました。

image201402182.jpg俳優陣も見どころで、ハリソン・フォードがチョイ役で出ていたり、カワイイイケメンの準主役がロン・ハワード監督だったり、なかなか楽しい。

でもでも、なんといっても、キュン死にシーンは、

「大学に行ったらお互い自由恋愛にしよう」
と、浮き足立つスティーブに言われ、キレて別れた彼女のローリーですが、最後に
「行かないで」
って首にしがみついて泣きつく。
一度別れてローリーへの愛を再認識したスティーブが
「行かないよ」
と抱きしめる。

image201402183.jpgこのシーンですよね!w
posted by sawori at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション