2014年01月21日

ゼロ・ダーク・サーティ「ジェシカ・チャスティンのオンとオフ」

zero1.jpg面白かったです!
雑誌スクリーンでは年間ベストの4位。「ハート・ロッカー」で話題になったキャスリーン・ビグロー監督。テイストは似てました。題材的にも爆破のシーンも緊迫感あります。

9・11の首謀者とされているアルカイダのオサマ・ビンラディン暗殺までのストーリー。
「冷血だから」という理由で新人で特殊部隊に配属されたマヤ。ビンラディンを見つけ出すためには拷問や卑怯なことも厭わず、だんだんとアジトを突き止めていきます。

zero2.jpg
とにかく、アジトを見つけるまでが長い!
でも退屈しないんですね。さすが、緊迫のビグロー映画。

実際、こんなにもビンラディン殺害に執着するマヤの過去は何も出てこず、暗殺したのは実際のビンラディンだったのかという疑問も残りますが、ともかくあんなに美しいジェシカ・チャスティンが、冷血な捜査官なんて!と思ってはいたものの、素晴らしい演技でした。
「ヘルプ」の人とは思えない。もう、マヤにしか見えない。この人もカメレオン女優ですね。
zero3.jpg
オフ画像を見ると、ああ、やっぱり女優だと思う女っぷり。
でもなぜかマヤ役よかったなあと思うのでした。笑





zero4.jpg














posted by sawori at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション