2013年12月06日

ファミリー・ツリー「ハワイアンキルトにハワイアンミュージック」

famiry1.jpgハワイといえば、ゆーっくりのんびり人はみんな大らかで常夏の楽園。
そんなイメージですが、その土地に住む人々に悩みがないかと言えば、普通にある。

マット(ジョージ・クルーニー)は先祖からハワイの土地を受け継ぎ管理していますが、売却して親戚で財産を分けようと考えている最中、妻がボート事故にあい、余命宣告をされてしまいます。
コミュニケーション不足で反抗的な娘たちに頭をかかえ、しかも妻は浮気していたと発覚。
その相手を探しに娘たちとカウアイ島へ旅行するうち、家族の絆を取り戻していくというストーリー。



famiry2.jpg
アレクサンダー・ペイン監督と言えば「サイドウェイ」最高の映画でした。
今回の「ファミリー・ツリー」も脚本と監督を努めていて、淡々とゆっくりなストーリー展開に、通り雨のような波乱。
ジョージ・クルーニーをキャスティングしながらも、けっしてゴージャスじゃないその仕上がり感がセンスいいです。

前編に流れるのはハワイアンミュージックで、最高に心が癒されます。
普通にベッドに置かれているハワイアンキルトのカバーにキュン!欲しー!作りたいけど大変だろうなあ・・・
famiry3.jpg
みている時よりも、見終わって少したってからのほうが、じんわりくる映画です。最後のセリフ感動でした。

「さよなら。
僕の妻。
僕の友人。
僕の痛み。
僕の歓び。
どうか、やすらかに。」
famiry4.jpg
ジョージ・クルーニーの押さえた演技良かったなあ^^
家族は平穏ではいかないし、いろいろ失敗するし、間違うし、でも許せる間柄。
じゃないかなあと思います。

ファミリー・ツリー予告編

famiry5.jpg







famiry6.jpg
posted by sawori at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年12月05日

きいろいゾウ「ツマの田舎レイヤードファッション」

zou1.jpg
西加奈子さん原作の映画化。
主演のツマ役宮崎あおいちゃんとムコ役向井理はこの小説の大ファンだったのだそう。特にあおいちゃんは帯に「映画化されたらツマを演じたい」と書いているほどのファン。というだけあって、ほんとに繊細なツマの心の移り変わりを表現していました。




zou2.jpg
小説家のムコさんと田舎暮らしをしているツマ。
ツマは生き物の声が聞こえる不思議な体質。そんな一風変わったツマがムコさんは大好き。
小説を書き、ツマと畑仕事をして、老人ホームの仕事に行き、ツマと食事して、ツマを愛する。
そんな慎ましくも愛に溢れた生活をしている2人に、1通の手紙がムコさん宛に届く。
それはムコさんの過去の恋人の夫からの手紙。
それから2人の間はおかしくなって行く。

原作を読んだことはないので、購入してみました。また読んだら感想を。
zou3.jpg
あおいちゃんの田舎ファッション、とにかく可愛かった!
ワンピースとスウェットのようなレギンスとビーサンに麦わら帽子。エスニックなワンピースやチュニック。田舎暮らししたらマネしたい><♡

とにかくここ近年、一番泣きました。
なんてことはない話です。
でも脚本が素晴らしかったと思う。調べてみたらあまり知らない黒沢久子さんというかたで、最近では「四十九日のレシピ」をかかれています。
過去と現在、陰と陽のバランスの配置が絶妙だったように感じました^^
zou4.jpg
この映画で好きなセリフを3つご紹介します^^

「奇跡・・・奇跡とは、日常ですね。」


「いつもずっとぼくのそばに居て、
笑ったり、泣いたり、怒ったり、すねたり、
でもまたすぐに笑ったり、。
ちょっと面倒だけれど、何よりも大切で愛しくて、
大好きな大好きな人。
ぼくのツマ!」


「だんだん欠けていってるんで、満月。
大丈夫ですよ。」

みなさんの不安になるものに、「大丈夫ですよ」と言ってくれる人がいますように^^
zou5.jpg
posted by sawori at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年12月03日

コーディネート日記「カトリーヌ・ドヌーブの昼顔」

miss patinaの、まるで「昼顔(Bell De Jour)」の壁紙のようなモッズモダンなお洋服をご紹介します!
hiru1.jpg









hiru2.jpg







このワンピースの形、サイコーです!
同じ型でいろんな柄のワンピースを出して欲しい><
試着してみました^^
161cm,Mサイズを着用しています^^
hiru3.jpg










hiru4.jpg

普段着には勇気がいるかもしれませんが、ライブとかパーティとかに、思いっきりレトロにモッズにゴシックに!ヘアもメイクも決めて行ったら、めっちゃ素敵ですよね!

ちなみに「昼顔」はカトリーヌ・ドヌーブが娼婦になるという、ちょっと前衛的なお話。
お洋服はイヴ・サン・ローランが担当しています^^

Saworiの映画切り貼りブログ「All Good Thingsハート(トランプ)
http://saworimoviegoer.blogspot.jp/2012/07/bllede-jour.html

miss patina Bell De Jourワンピースハート(トランプ)
http://www.moviegoer.jp/detailcn0231.html
hiru5.jpg
posted by sawori at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーディネート日記

2013年12月02日

女性シンガーPick Up!!「Sleigh Bells」

sleighbells1.jpg去年くらいに、ぼっろぼろのKedsのホワイトスニーカーのジェケットに惹かれ、気になっていたスレイ・ベルズ。
ソフィア・コッポラの新作「ブリングリング」予告編で”Crown on the Ground”という曲が使われていました^^




「ブリングリング」予告編


Sleigh Bells/Crown on the Ground(Live)


スレイ・ベルズはハードコアバンド出身のデレクと女性ポップグループのボーカルだったアレクシスで結成。ジャンルの違う2人ですが、それが見事アンバランスに調和して、轟音系ノイズポップに仕上がりました。
インディーズで演奏していた彼らの音源を、スパイク・ジョーンズ監督が気に入り友人のM.I.Aに薦めて彼女のレーベルからデビュー。
デビューアルバム「トリーツ」はiTunesのアルバムチャート3位に。
sleighbells2.jpg
気になっていたアーティストを、ソフィア・コッポラ様が映画に使うとは、とっても嬉しいサプライズ(笑)
たまに耳に痛い音楽ではありますが、好きです♡





Sleigh Bells / Infinity Guitars

タグ:Sleigh Bells
posted by sawori at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性シンガーPick up!!