2013年12月27日

2013年、ブログを読んで頂きありがとうございました^^

今年最後のブログとなります^^
2013年、映画ファッションブログを読んで頂きありがとうございました!

昨日、何かいたかな〜と過去のブログをチェックしておりました。
今年観た映画、新作旧作含めてのベスト5を発表したいと思います!

1位:「小さな恋のメロディ」
http://moviegoer.sblo.jp/article/62567205.html

2位:「ムーンライズ・キングダム」
http://moviegoer.sblo.jp/article/72453768.html

3位:「愛アムール」
http://moviegoer.sblo.jp/article/78753066.html

4位:「最強のふたり」
http://moviegoer.sblo.jp/article/73918613.html

5位:「裏切りのサーカス」
http://moviegoer.sblo.jp/article/61890481.html


映画って不思議なもので、観た直後にものすごく感動したものが、後々心に残っているかというと必ずしもそうでもなく、ちょっと時間を置いた後でもまだ心に残っていて「また観たい」と思うものもあって。
そーゆう映画をランキングしてみました^^

でもこの他にもたくさんのいい映画との出会いがありました!
来年も良い出会いがありますように☆
みなさま、良いお年をお迎えください^^
2013.jpg
posted by sawori at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年12月26日

キュン死に男子Pick Up!!「デイン・デハーン」

dean1.jpg
1987年生まれの26歳。芸大出のシュッとした男子。
初めて見たとき、若い時のディカプリオに似てる!と思ったことからちょっと気になる存在に。
まだ1作しか観てないんですが、なかなか将来楽しみな男子です。

もう結婚してるってとこがなんか良い^^
しかもお似合いで幸せそう。
dean2.jpg

今回はそんなデインくんのオススメ映画&これから観たい作品をご紹介します!


dean3.jpg
観た作品:「クロニクル」
監督も脚本家も28歳という若い感性の新世代超能力もの。
いじめられっこの主人公が超能力を手にしたら・・・。 『AKIRA』の大ファンという監督だけあって、超能力の見せ方、演出なんかがアキラっぽかった気がします。デインくんは、目の下のクマが魅力的(?)で、恵まれない環境にフラストレーションがたまっている普通のティーンの葛藤と暴走を見事に演じていました!

観たい作品:「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」
ライアン・ゴズリングとの共演!!



観たい作品:「アメイジング・スパイダーマン2」
かつては、アンドリュー・ガーフィールドも美少年だったのになあ。デインくんは目がブルーグレーすぎて、ホワイトタイガーの赤ちゃんのようだ・・・


ということで、これから注目していきたい俳優さんです^^
dean4.jpg
posted by sawori at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年12月25日

クロニクル「新世代の超能力モノ、抑えたティーンファッション」

chronicle1.jpg面白かったですー!
私は実は「ブレアウィッチ」とかのファウンド・フッテージ映画(撮影記録が発見された体の映画)は酔ってしまうので苦手でしたが、今回の「クロニクル」は大丈夫でした^^

学校では「いつもビデオとってる変なヤツ」と、ちょっと周囲ととけ込めないアンドリュー。
家庭では、重い病気の母に飲んだくれの父親。
唯一、同級生の親戚マットだけはアンドリューを気にかけています。
ある日、学校の生徒会長に「録画してもらいたい物がある」と言われ、マットとついていくとそこには大きな穴が。
入っていくと得体の知れない何かがあり、その時から3人には超能力が備わってしまう。
中でもアンドリューの能力はずば抜けており、次第に暴走するようになってしまう。
chronicle2.jpg
何と言っても、デイン・デハーンが最高です!
ディカプリオが出てきたとき感じた「リバー・フェニックスの再来」感。彼には「若きディカプリオの再来」感があり、まさに20年に一人の逸材です。
ファッションはごく普通のティーンエイジャーの服です。ジーパンにスニーカー、パーカーにシャツにリュック。しかし、男子って結局こうゆうファッションに一番キュンとするのは私だけでしょうか?笑
chronicle3.jpg
監督さんは28歳、脚本家も28歳若い新世代の映画だなと思いました。
超能力ものなのに全く派手じゃなく、でも破壊力とかすごくって、この映画にはファウンド・フッテージ形式にするのがピッタリあっています。
まさに『AKIRA』のような静かな破壊力のある映画です。
音楽も趣味いいなと思っていたら「500日のサマー」のスタッフでした。さすが。やっぱツボ!
みなさまもデイン・デハーンくんをぜひみてくださいね^^
chronicle4.jpg







chronicle5.jpg











chronicle6.jpg
posted by sawori at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年12月24日

晴れ、ときどきリリー「リリーのオカルト乙女系ナチュラルファッション」

lily1.jpgソフィア・コッポラ ミーツ「ひなぎく」を「ローズ・イン・タイドランド」で味付けしたようなフランス映画。

しっかり者の姉と田舎で自由奔放に暮らす妹。
ある日母親が急死して、妹の面倒を見ることになった姉ですが・・・。





lily2.jpgとにかくダイアン・クルーガーが美しすぎる。
そしてリリー役のリュディビーヌ・サニエも可愛すぎる。
特にリリーの服は、ナチュラルなコットン系、例えるならフランス人形の下着のようなお洋服。
大好きな彼に会いにいく時は真っ赤なワンピース。
それも可愛いんです!
映画批評を観ると、変にオシャレ感満載で・・・と悪い批評もあるのですが、オシャレに小物やお洋服やセットを作ったり、映像もオシャレに見せるのって、なかなか本当にセンスが良くないと、そして技術もないと無理だと思うんです。
lily3.jpg
この映画は、てこずる家族、この場合妹ですが、大好きだけど殺意も湧いてしまう「介護」という問題をオシャレにすることで観やすくしています。
切ることの出来ない「家族」の鎖は、重荷でもありますが、逆に守るべきものとして自分を強くし、安定させているのものでもあります。
lily4.jpgこの映画のドリーミンでオカルトでガールな雰囲気は、リリーとクララだけの世界で、その他は普通の現代フランス。
社会という常識が入らなければ2人の世界は幸せなのでしょう。









lily5.jpg
posted by sawori at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年12月20日

Moviegoer Shop クリスマスプレゼント当選者決定!

11月16日〜12月16日までにお買い物をして頂いた方を対象に、クリスマスプレゼントのエントリーをさせて頂きました^^

まずプレゼントするお洋服のご紹介!

Dear creatures Gillian ワンピース
pre1.jpg
こちらはワンシーズン前になりますが、dear creaturesのHPのバナーにもなっていたお洋服で、エンジのタイツとの相性が抜群のレトロでクラシックなワンピースです。ツートンのガイカラーで、ウエストのリボンもカワイイ!
ぜひ着ていただければと思います^^


Book of Deer Coveブラウス
pre2.JPG
大好きなBook of Deerをプレゼントしちゃいます!
海のようなブルーに白いピーターパンカラーにはタツノオトシゴの繊細な刺繍。バックジッパーの鹿のチャームもかわいい!デザイナーのエイリーの世界観を味わって頂けると嬉しいです^^


そして、厳正なる抽選の結果、東京のお客様と長崎のお客様の2名様に決定致しました!
クリスマス前後のお届けになりますので、どうぞ楽しみにお待ちください^^
みなさま、エントリーありがとうございました!年明けには冬のキャンペーンを予定しております。
どうぞ素敵なクリスマスをおすごしください☆
pre3.jpg
posted by sawori at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記