2013年10月16日

恋のロンドン狂想曲「大人のロンドンファッション」

london1.jpg今回も、アレン節の大人コメディ・・・
ウディ・アレンのコメディは洗練されていて知的でありつつも単純でばからしい人間の衝動が何か物悲しくそして愛しく描かれています。








london2.jpg冒頭
「人生はから騒ぎ。意味など何一つない。」
というシェイクスピアが引用され、
「今回もから騒ぐな・・・(笑)」
という予感がひしひしと!

から騒ぐ人間関係を説明するのが大変なのでこの相関図をごらんください(笑)
london3.jpg

見ていて
「あーもう!ばかだな!そんなことしたら・・・ほらーやっぱり><」
という、もうあきれる行動もあるけれど、それは傍観者だからでは?
実際に自分がその立場だったら、利口になれるだろうか。
この登場人物のようになるかもしれない。
人間の理性はそんなに冷めていない。
感情が溢れ出す熱いものなのでは?
そんなふうに思い始める人生半ば。
だからウディ・アレンの映画は大人に響くと思うのです。

london4.jpgさて、ナオミ・ワッツ、美しかったです!
ロンドンが舞台ということで、お洋服もトラッドで素敵でした!素敵なデザインのブラウスに、トレンチコート。白地に黒のドットのブラウスも可愛かった。お母さんのお洋服もワンピースにお花刺繍のカーディガンとイングリッシュガーデンが似合いそうで素敵でした^^

london5.jpgこの映画「ミッドナイト・イン・パリ」の後の作品と思っていましたが前年に撮られているのです。何となく、あの名作への序章とも感じました。
面白かったです!





london6.jpg







posted by sawori at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション