2013年10月18日

麗しのサブリナ「イデス・ヘッドとジバンシィ」

sabrina1.jpgオードリー・ヘップバーンの定番「麗しのサブリナ」。
大金持ちのララビー家の運転手の娘サブリナはララビー家の次男デイビットが大好き。
しかし、デイビットはプレイボーイでサブリナには見向きもしません。
傷心のサブリナはパリのお料理学校に行くことで彼を忘れようとしました。
パリから帰ったサブリナは、すっかり洗練された美女に大変身。
デイビットもサブリナにメロメロ。
そして堅物の長男ライナスも彼女の魅力に心動かされるのですが・・。

sabrina2.jpgとにかく、ビリー・ワイルダーのオードリーの撮り方が抜群!
わかりやすいラブコメディに仕上がっています。

衣装はアカデミーの常連イデス・ヘッド。前半のあか抜ける前のサブリナの衣装を担当しています。私はあか抜ける前のサブリナの方が好き!パリでのお料理学校の衣装も大好きでした!
パリで洗練された衣装を担当したのはジバンシィ。
納得のカッティングの美しさはオードリーの美しさ&可憐さを引き立てます。
特に肩がリボンになっている黒いドレスは美しい!
sabrina3.jpg
ビックリなのは、イデスは元教師で、デザインの経験もないのに映画衣装デザインの世界に転職したのだとか。
イデスの衣装はグレース・ケリーも愛用。エリザベス・テイラーは体型のコンプレックスをフォローする素晴らしいデザインを高く評価したようです。
0からここまで登り詰めるなんてすごい、すごすぎる!

「月には手は届かないよ。」
「違うの、月が手を伸ばすのよ。」

こんな風に自信がもてるように、わたしも自分磨きがんばろうと思う、可愛いポジティブな映画でした^^
sabrina4.jpg
posted by sawori at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年10月16日

恋のロンドン狂想曲「大人のロンドンファッション」

london1.jpg今回も、アレン節の大人コメディ・・・
ウディ・アレンのコメディは洗練されていて知的でありつつも単純でばからしい人間の衝動が何か物悲しくそして愛しく描かれています。








london2.jpg冒頭
「人生はから騒ぎ。意味など何一つない。」
というシェイクスピアが引用され、
「今回もから騒ぐな・・・(笑)」
という予感がひしひしと!

から騒ぐ人間関係を説明するのが大変なのでこの相関図をごらんください(笑)
london3.jpg

見ていて
「あーもう!ばかだな!そんなことしたら・・・ほらーやっぱり><」
という、もうあきれる行動もあるけれど、それは傍観者だからでは?
実際に自分がその立場だったら、利口になれるだろうか。
この登場人物のようになるかもしれない。
人間の理性はそんなに冷めていない。
感情が溢れ出す熱いものなのでは?
そんなふうに思い始める人生半ば。
だからウディ・アレンの映画は大人に響くと思うのです。

london4.jpgさて、ナオミ・ワッツ、美しかったです!
ロンドンが舞台ということで、お洋服もトラッドで素敵でした!素敵なデザインのブラウスに、トレンチコート。白地に黒のドットのブラウスも可愛かった。お母さんのお洋服もワンピースにお花刺繍のカーディガンとイングリッシュガーデンが似合いそうで素敵でした^^

london5.jpgこの映画「ミッドナイト・イン・パリ」の後の作品と思っていましたが前年に撮られているのです。何となく、あの名作への序章とも感じました。
面白かったです!





london6.jpg







posted by sawori at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年10月11日

進撃の巨人「ミリタリージャケットとミカサのマフラー」

kyojin1.jpg進撃の巨人にハマっています(笑)
みなさん、知っていますか?
外国人が好きな日本のアニメでなんとドラゴンボールを抜いて1位だったのです!
そんなに?
そう思ってアニメ版を見てみました。
なんて世界観!

突然現れた巨人に支配された世界。
人を補食する巨人から逃れるため、
人類は3重に壁を築いてなんとか100年間の平和を得た。
しかし、ある日、超大型の巨人が現れ壁を壊し、新たな試練が始まる。
人類はどう抗うのか。人類の存亡は??
kyojin2.jpg
というストーリー。
まあ、巨人が気持ち悪いのなんの。
「敢えて無表情にしたり、怒ったり笑ったりの感情を一つにしたことで、かえって不気味さを表現した」
と作者の言う通りほんと不気味。

主人公は正義の暴走人エレン・イエーガー。
エレンを守ることに燃える主席兵士のミカサ。
体力ないけど知力で勝負!アルミン。

kyojin3.jpg物語の売れる要素として男2人と女一人という3人組を登場させることがあるとおもうのですが、まさにそのハリーポッターのような王道パターンを取入れつつ、タランティーノのような容赦ない殺戮。さらには哲学的な人生の名言。徐々に真相が明かされて行く海外ドラマのような展開。
全てがうまく盛り込まれているのです

兵士の服もカッコいい。
調査兵団の自由の翼のマークもよいデザインでタイトなミリタリージャケットもカッコいい。インにはそれぞれシャツを着たりパーカーを着たりで個性も出てる。ミカサは幼い頃エレンにもらったマフラーを巻いていて、それもまたまたカッコいい。

あとはやっぱりセリフがよいです。
「何かを成し遂げるのは、何かを捨てられる人だ」by アルミン
「死んでしまったらもうあなたを思い出すこともできない」by ミカサ
などなど。

ただ、やっぱり巨人の補食シーンは見ていてもぐったりして結構ショックなので気をつけてください><
kyojin4.jpg
食物連鎖のある意味頂点な人間ですから、補食される実感なんて湧かないのですが、でもそれってこの世界で生きているにあたって決して当たり前ではなくて、束の間のような気もするのです。
人間以外の生命は常に補食される危険にさらされています。
「進撃の巨人」を読むと、例えば蚊を殺すにも「蚊にとったら人間は巨人なんだろう」とか考えてしまいます。
そういう意味ではほかの生命の命の重さも考えられる良い作品なのだと思うのです。

12巻は12月発売です!
タグ:進撃の巨人
posted by sawori at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年10月10日

Moviegoer Shop 秋の撮影第2弾

PA092822.jpg台風がやってくるということで、撮影大丈夫かな?と思いましたが、なんとか雨はやんだので良かったです>< 
今回もアクアトトにて撮影しました^^

今回モデルをしてくれたのはMasukiちゃん♡
オープン当初からモデルをしてくれているのです。ありがたい・・・♡
出会った頃は高校生だったMasukiちゃんも、髪も伸びてすっかり大人の女性に・・・そーゆうのってキュンとしますね!

PA092859.jpg
私もゆっくりペースな人間ですが、Masukiちゃんもそうなので、超ゆっくり時間がすぎて楽しかったです♡







PA092886.jpg







PA092892.jpg
お洋服はdear creaturesのTabithaワンピース。
153cm.XSサイズを着てくれています。
このワンピースはネイビードットとレッドダイアモンドの2柄あります。
どっちもレトロで捨てがたいほどに可愛くて、どっちも手に入れたい私です・・
「アメリ」みたいにフレンチな着こなしもいいですね!
Masukiちゃんもホント似合ってて可愛かったです^^


PA092922.jpg










PA092936.jpg
ヴィンテージのロジータの白いレースワンピースもオススメ。ジェーンバーキンみたいにサラリと着こなすのがポイントです^^

撮影後、ヴィンテージショップにて大量にお買い物して日頃のストレス発散!
ほんと楽しかったです。ありがとー♡

dear creatures Tabitha ワンピースは10/11にHPで販売予定です。
■映画ファションのMoviegoer Shop■
http://www.moviegoer.jp
posted by sawori at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記

2013年10月07日

Moviegoer Shop 秋の撮影レポート@

お洋服を実際に着て撮影する目的はあくまでも、お客様にサイズ感や着用イメージなどを掴んでもらいたいという理由なのですが、Moviegoer Shopは私の映画好きが発展してできたお洋服のお店なので、撮影する時は一応映画のイメージを考えて行きます。

今回はdear creaturesの新作お洋服がゴダールの「勝手にしやがれ」だわ♡と思ったのと、Book of Deerの今季のテーマ海から「ライフ・アクアティック」!と思ったもので、そんなイメージでコーディネートしてみました^^

今回の撮影場所は「アクアトト」という淡水魚専門の水族館。
最近はカピパラやカワウソが人気です(笑)

モデルさんはいつもありがとう!のお友達Noriちゃんとそのお友達Chinaちゃん。
satuei1.jpg午前中は水族館。「ライフ・アクアティック」のイメージで赤いニット帽を被ってもらうのが恥ずかしそうで申し訳ないです(笑)








satuei2.jpg撮影中、遠足の子たちが赤白帽をかぶっていたのでまさに「チーム・ズィスー!」
ということで一緒に記念撮影^^






satuei3.jpgちなみにチーム・ズィスーとは、「ライフ・アクアティック」でビル・マーレイ扮するズィスー海洋博士が率いるドキュメンタリー映画製作スタッフチームのこと。みんなお揃いの赤いニット帽をかぶってます。


satuei4.jpg私はそんな孤高のイメージで赤いニット帽をコーディネートに取入れたつもりが、最近一般的にも赤いニット帽が流行っているみたいで・・・。
でもMoviegoer Shopの赤ニットはあくまで「チーム・ズィスー」です!




satuei5.jpgここで休憩。お昼は『あゆの甘露煮 清流御前』。最高に美味しい><






satuei6.jpg










satuei7.jpg午後から外の公園に移動し「勝手にしやがれ」。ゴダール映画で、ジーン・セバーグがめっちゃカワイイ有名な映画です^^ ボーダーワンピースにサングラスというイメージで、まさに今季のクリーチャーズなのです。







satuei8.jpgまた、miss patinaのチェックのワンピースとマーチンのブーツでロンドンガール風にも撮影しました^^
めちゃ可愛かったー><
このチェックのワンピース、映画「陽のあたる教室」での学生ととてもリンクしたので「陽のあたる教室ワンピース」と命名。
今は一時完売しているため、再入荷いたしますのでお待ちください><

帰りはメロンパンを買って愛車MOCOたんでドライブ!
BGMはSeapony♪
おつかれさまでした!

■ チーム・ズィスー紹介■
satuei9.jpg














satuei10.jpg
モデル:Noriちゃん、Chinaちゃん、お疲れさまでしたー><
撮影:Sawori(miss patina Jackie Oワンピース着てます!オススメです^^)

このお洋服はコチラで販売中です^^
ご来店お待ちしています^^
■Moviegoer Shop■
http://www.moviegoer.jp

撮影の様子はアメブロの店長日記にも書いています^^
店長日記にはその他にも試着感想や独り言などを書いてますのでコチラにもぜひ遊びに来てくださーい!
■ アメブロ店長日記■
http://ameblo.jp/moviegoer-jp/entry-11621999818.html
posted by sawori at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記