2013年08月28日

キュン死に男子Pick Up♡「ベン・ウィショーpart2」

ben1.jpg前にもこのブログで取り上げました、ベン・ウィショー!
http://moviegoer.sblo.jp/article/60558411.html

先日みた「クラウドアトラス」にも出演していて、改めて「かっこいい!!!!!」と思ってしまったので、「クラウドアトラス」での彼について少し補足です。
「マトリックス」の監督と「パフューム」の監督が製作の、時間軸が6つもあって交錯していく難解なストーリーなのですが、ベン・ウィショーはどの時代にも姿を変えて出てきます。
で、主役となるのは2つ目の時間軸、1936年。
ben2.jpgゲイの作曲家のタマゴ(イギリスっぽい!)で、大作曲家のもとで大作「クラウドアトラス6重奏」を作って自殺するという役。

これが、のっけからベッドで目覚めるシーンなのですが、ほんと寝起きの顔がヤバすぎます・・・♡
この時代の服ほんと似合うなー・・。

ルックスだけでなく、この人の魅力はその演技力。
成りきる、とにかく役に成りきってしまう。

ben3.jpgこの影のある天才作曲家を、なんともいえない目力で演じ、すっかり虜にしてくれました。

監督は「この映画は音楽を見るつもりで見て欲しい、トム・ハンクスはバイオリン、ベン・ウィショーはドラム」というとおり、大物俳優の美しい演奏に若い情熱を刻むように美しかった。

映画についてのレビューはそのうち書きたいと思います。
なにせ、難しいので頭を整理しないと・・・
みなさんもぜひぜひ、みてください!
ちなみに、プライベートではゲイであることを公表し、なんと同性婚しているベン。お相手はオーストラリアの作曲家なのですが、ベンのルックスに合わない!と思うのはわたしだけでしょうか・・・。はあ。もったいないけど、ベンが幸せなら良いですね^^
ben4.jpg
posted by sawori at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション