2013年08月16日

ゴースト・ワールド「イーニドファッション七変化」

ghost1.jpg幼なじみのイーニドとレベッカは高校を卒業しても進路を決めてない。
みんなと同じなんてつまらない。
常識的なことが普通の社会に違和感を覚えている。
そんなとき、イーニドはレコードマニアの中年男性シーモアと出会う。
「イケて無さすぎて、逆にイケてる」
と、イーニドはだんだんシーモアに惹かれていく。
一方、幾分か常識的なレベッカはカフェでバイトしながら自立をしようとする。
2人の間に距離が産まれていく。
ghost2.jpg
個性的なイーニド役はソーラ・バーチ。
自分の未来が定まっていないのを象徴するように、ファッションは七変化。
ラプトルの青いTシャツにチェックのスカートにブーツでポップに。
革ジャンに黒いパンツでパンクに。
赤いVネックのセーターに白い襟シャツでスクールガール。
レトロな古着のワンピースでパーティ。
赤いクラシックなワンピースで旅立ち。
しっかり者で毒舌家の美人レベッカ役はスカーレット・ヨハンソン。
この役ピッタリ!ワンピースが可愛すぎる!
ghost3.jpg
とにかく、イーニドは感性が飛び出してるからキャピついたことが常識な社会が苦手。
苛立つんだけど、だからって何がやりたいのか、何になりたいのかわからない。
恋愛したい。
でもバカはいや。
自分の世界を持ってる中年のレコードマニアのシーモアがカッコよく見えるけど、実際好きかどうかはわからない。

こーゆう気持ち、ほんとにわかる。

世の中の大半はそれで満足できてる。
それがバカみたいに見える。
そんな私ははみ出しもの?
ghost4.jpg
自分の価値観を信じたい気持ちと疑う気持ち、周囲に合わせられないもどかしさがぐるぐるする気持ちを見事、コミカルに描いてくれていました。

ちなみに、レコードマニアのシーモア役のスティーブ・ブシェミに電話で交渉していた監督に、
「スティーブ・ブシェミ??!!私が誰かと浮気するとしたら彼だけよ!」
と妻が言ったんだ・・・と苦笑い気味に言ってました。
ブシェミファンは多いみたいです。笑

『とっても親しかった人と、急に会わなくなったりする経験は誰にもあると思う。そういう切ない気持ちを伝えたい』
と監督は言ってました。

どうして出会いがあると別れがあるのか。
永遠は存在しないのか。

これは私の永遠のテーマだなあ><
ghost5.jpg







posted by sawori at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年08月15日

ムーンライズ・キングダム「黄色とピンクの小さな恋のメロディ」

moon1.jpgやったーやっと見れました!
念願のウェス・アンダーソン監督「ムーンライズ・キングダム」!

いつも大好きなウェス監督のオープニングシーン。
今回もあーめっちゃカッコいい・・・。
レトロな家とレトロなレコードプレーヤーからどんなオシャレ曲が飛び出してくれるんだと期待したら、クラシック音楽のお勉強レコード。ああ、この外し・・・

裕福な家庭の長女スージー(よくキレてしまう問題児)
ボーイスカウトのサマーキャンプに来ているサム(仲間はずれ気味)
moon2.jpg
2人はキャンプで知り合い、文通で愛を深め、1年後のキャンプの日に合わせて駆け落ちを決行(10日間ぐらいの予定)。

所詮はまだ12歳の2人の愛の行方は・・・?

とにかく、スージーの服!!
大きめの白い襟と白いカフスのワンピースは同じデザインでピンクの細かいチェックのものと、黄色い総レースのものがあります。
白いソックスにクラシックな靴。
まさに、モッズ風でクラシックでゴシックも感じさせる最高のコーディネート!12歳のアイメイクとは思えないアイシャドウも60年代風。
あんなダサいボーイスカウトの服がサムが着るとめちゃオシャレに見える・・・何でだー!ウェスマジック!
moon3.jpg
「小さな恋のメロディ」的な筆記体のロゴや、展開。
テントからの脱獄シーンは「ショーシャンクの空に」を思い出させる。(ポスターで穴を隠している)
ウェス監督の遊び心満載。
そして豪華な布陣の大人のキャスティング。
ボーイスカウトの隊長:エドワート・ノートン(マッチョかと思いきやいい人)
サムたちを探す警部:ブルース・ウィリス(スージーの母と浮気中)
スージーの母:フランシス・マクドーマンド(警部と浮気中)
スージーの父:ビル・マーレイ(家族に無関心)
キャンプのエラい人:ハーヴェイ・カイテル(超チョイ役!)
福祉局員:ティルダ・スウィントン(怖い)

moon4.jpg
大人の、時として子どもよりも子どもっぽい発想や、
子どもの、時として大人より大人っぽい発想があることの発見。

それでもやっぱり子どもには保護が必要で、愛が必要なのだという、とてもシンプルなメッセージ。

どんなに不幸な境遇でも、はみ出していても、変わっていても、受け止められる場所はあり、愛はあるっていう温かな安心感。

moon5.jpg
こんな暖かい気持ちを擁護しながらも
ハサミで刺したり、釣り針をピアスにしたりなシーンもある。

ウェス・アンダーソン監督の、独特の間合いと感覚のセンスを感じずにはいられない素晴らしい作品でした。




posted by sawori at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年08月12日

ハリー・ポッター展

といっても、私が行ったわけではなく、Moviegoer ShopのWEBクリエイターがお子さんと夏休みで行かれたのです!
う、うらやましー><
私もお土産に公式ガイドブックと、クラスのステッカーシールと、魔法界のコインをいただきました!
公式ガイドブックには、キャストのファッションがクローズアップされていてとっても楽しめました!ルーナのお洋服がしっかり見れるのが嬉しい^^
haripota1.jpg
さて、そんな羨ましすぎるハリー・ポッター展のレポートをしていただきました!

〜Moviegoer WEBクリエイターhのハリポタ展レポート〜

はじめまして。なぜか、このブログでレポートすることになりました。
少しの間お付き合いくださいませ。

世界的に大ヒットした「ハリー・ポッター」シリーズ。
その世界観を忠実に再現した展示会が、この「ハリー・ポッター展」です。
最初に足を踏み入れるとホグワーツ魔法魔術学校のように組分けの帽子を
かぶせてもらえます。ただし、この日は混雑していたので先着2名のみ・・・残念。
グリフィンドールをご希望の方となぜかスリザリンをご希望の方は、それぞれ、
ご希望通りとなり大満足のご様子でした。

haripota2.jpgそして、さらに中に進むと・・・

映画で使用した本物の衣装や小道具を間近に見られるなんてすごい。
ハリーの杖や丸メガネを見られて、テンション上がりました (>_<)
衣装の質感も半端なく、まさに本物。
「ハリーポッターと死の秘宝Part1」でルーナが着ていた普段着がありました。
ピンク色でとってもおしゃれ。

また、ハグリットの巨大な椅子に実際に座ってみたり体験できるのも特徴です。
まるで、ホグワーツ魔法魔術学校に入学したかのように大満足の展示会でした。

お土産もまさに本物志向。でもお値段もそれなりですので、ちょっとお小遣いに余裕ないと大変かも(笑)
また、来年には、あのユニーバーサル・スタジオ・ジャパンにハリーポッターの世界のアトラクションがやってくるとの告知もありました。
こちらも楽しみです。                (h)

ハリー・ポッター展

会期:2013年6月22日(土)〜9月16日(月・祝)  会期中無休
時間:10:00〜22:00(最終入館は21:00)
会場:森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階

haripota3.jpg
posted by sawori at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年08月08日

iLOVE「ギレルモ・デル・トロ監督」

「パシフィック・リム」が話題のギレルモ監督。
監督の作品は「パンズ・ラビリンス」しか見てないのですが、衝撃を受けました><
めちゃくちゃ美しい映像に気色悪いパン。そして現実なのか空想なのかわからないストーリー。
空想であって欲しい><と願わずにいられないラストシーン。
girermo1.jpg

そんな監督がどんな人なんだろう?と思っていると今日目覚ましテレビで取材されているのを発見。
芦田愛菜ちゃんと菊池凛子とお台場合衆国を回るという・・・

そこで「パシフィック・リムの構想を書いたスケッチだよ」といって1冊のノートを見せてくれたのですが、衝撃すぎました・・・。
素晴らしい!!
まるでギレルモ監督の映画に出てきそうなアンティークなノートに美しい筆記体。ダヴィンチを思わせるかのような繊細なスケッチ。
もっとじっくり見たかった><

そして、等身大ガンダムに「おーーー!!素晴らしい!!ここは太ったオタクの天国だ!!」とおっしゃっていました。
何となく「宇宙人ポール」を思い出した。笑

トトロみたい!と菊池凛子やマナちゃんに言われている監督。優しそうだ・・・。
しかし、いつも可愛いワンピースを着ているお二人。
girermo2.jpg








girermo3.jpg

「パシフィック・リム」見たいよー!見に行けるかなあ><










girermo4.jpg










girermo5.jpg
posted by sawori at 13:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | iLove

2013年08月02日

Moviegoer Shopの1周年キャンペーンのプレゼント発表!

4月から行っていましたMoviegoer Shopの1周年キャンペーンは無事終了いたしました!みなさん、ありがとうございました!

お楽しみだった、プレゼントのmiss patinaとdear creaturesのお洋服、決定いたしました♡

miss patina Balmy Night ブラウス
miss_patina_balmy.jpg「うららかな夜」と名付けられたこのブラウス。本当に優しい肌ざわりと女性らしいカッティング。色もダスティピンクで女名の子らしくクラシック。シンプルなのですが、着るとその女子っぽさにうっとりしていただけるはずです。
ブロガーさんにも人気が高いお洋服で着回しもききそうですね!
私も大好きな写真家クレアさんは、女の子を撮らせたらぴか一だと思うのですが、オーストラリアのネットマガジン「Pony Anarchy Magazine」でこのブラウスを見ることができますよ!
http://issuu.com/ponyanarchy/docs/issue9

dear creatures Natalieブラウス
dear_creatures_natalie.jpg
クリーチャーズらしいデザインのブラウス。とっても薄地で涼しいんです。今回プレゼントするのはブラウンの方ですが、色違いをズーイー・デシャネルも着ていたというブラウスです^^
現代的なカッティング、デザインなのに、なぜか60年代映画を思わせるレトロなブラウスです。


当選者の発表は、お洋服の発送を持ってかえさせていただきます。
みなさま、本当にありがとうございました♡

posted by sawori at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | iLove