2013年07月29日

セイ・エニシング「80年代のお嬢様ファッションとジョン・キューザックのコートの着こなし」

say1.jpgキャメロン・クロウ作品を全部見よう計画中です(笑)

ロイドは高校卒業を機に、憧れの秀才同級生ダイアンに声をかける。
ダイアンはイギリス留学が決まっていてのですが、ロイドの優しさにどんどん惹かれていき、このままでは留学を辞めてしまいそうな自分に歯止めをかける為、別れを切り出すのですが・・・。

よくありそうなラブロマンス。
でもなんか良いんですよねー><

say2.jpgジョン・キューザックが実はちょっと苦手だったのですが、この映画で一変しました!素敵!
ジョンの役どころは、将来の方向性が決まっている優等生ダイアンに対して、なんの進路も決まっていない男子。でも「キックボクシングが好き」「ダイアンが好き」というのはぶれずにある。
そんなロイドの、曖昧さと率直さや素朴さを表したファッションは、キックボクシング用のスウェットにロングコートというなんともミスマッチな組み合わせ!
そしてロックが大好きなキャメロン・クロウ監督なので、作中にもそんなシーンがちらほら。
カーステでThe Whoが流れ、彼女が「私これ好きよ。」と言うと「僕もだよ」ってゆうのとか!こーゆう、音楽の趣味があったりするのって、キュンとしますよね!
say3.jpg
彼女役、全然知らない女優さんでしたが可愛いです^^
服が80〜90年代な雰囲気で、でも優等生の役だからちょっと大人しめの服で可愛いんです。花柄のワンピースや真っ白のパーティドレス、ドットの開襟ワンピース。髪には大きいお花のコサージュ付けたりしてダサめで可愛い♡「プリティイン・ピンク」みたいでした。

お互い好きなのに別れた2人。
彼女を追って雨の中、彼女の家の前で大音量でラジカセを鳴らしたり、今ならストーカー行為で捕まりそうですが、好き同士なら嬉しいでしょうね^^

実は一番感動したシーンは、ダイアンがロイドとの交際をお父さんに反対された時に言うセリフ。

say4.jpg「彼と最初のデートの時、彼が何をしたと思う?
道路にガラスの破片が落ちてるから気をつけて、って私の手を引いてくれたの。
わたし、あの時の彼が忘れられないの。」

サラッと流されたシーンが、実は彼女の心に一番残っていた出来事だなんて。
キャメロン・クロウ、やっぱりあなたが大好きです!!

地味でダサめな作品なのですが、そこが素晴らしく良い。
そんな素敵な作品です♡
say5.jpg
posted by sawori at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年07月26日

ローズマリーの赤ちゃん「ミア・ファローの服が全部欲しい!!」

rosemary1.jpg怖い映像あんまりないのに、怖かったー。
ミア・ファローの演技が怖かった><
というか、ロマン・ポランスキーの演出と細かい演技指導のせい?

素敵なマンションに越してきた新婚のローズマリー。ダンナ様は俳優で優しくてハンサムで幸せいっぱいのローズマリーですが、隣の老夫婦と付き合うようになってから、不穏なできことが起こり始めます。
せっかく出来た赤ちゃんも実は・・・。

rosemary2.jpgと、そんな内容ですが、とにかく演出が怖い><
でももっと悪魔の赤ちゃんが出てくるかと思っていたらその登場シーンはなく、ちょっとホッとしましたが、その辺、終わり方も上手すぎるポランスキー監督。

さて、ミア・ファローのファッションがのっけから可愛すぎるでしょー><
まずは白いAラインのワンピース。スクエアにあいた襟元、清楚な新妻らしくてキュート。家で作業するときの、アロハっぽい柄のオレンジのAラインワンピースも最高だし、ブルーのボーダーワンピースやら、赤いタータンチェックと紺のセーターやら、もう、全部欲しい><
妊婦さんになってからのお洋服も可愛らしい。
DVD買って良かった、見まくるぞー!
rosemary3.jpg
ミア・ファローを調べていたら、あんなに無邪気な笑顔の影に色々あったんだとビックリ。歳の離れたフランク・シナトラとの結婚と破局。
ウディ・アレンと交際中になんとミアの養子とアレンが付き合うという悲惨な出来事。
でもミアは「愛という言葉が一番好き。愛は人類の最も崇高なもの。」と言っています。
そんなミアを見習いながら生きていきたい♡




rosemary4.jpg










rosemary5.jpg
posted by sawori at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年07月25日

華麗なるギャッツビー「ミア・ファローは不思議美女」

kareinaru1.jpg「ロミオ+ジュリエット」の監督が、ディカプリオ主演でリメイクに挑んだことで話題の「華麗なるギャッツビー」。
もとはフィッツジェラルドの原作で、ロバート・レッドフォードとミア・ファロー主演で映画化されていました。

ロバート・レッドフォードが美しすぎて、ギャッツビーすぎて、もうこれは超えられないだろうと言われていたらしいのですが、ディカプーは「当時のレッドフォードと同じ歳になった今、挑戦してみたかった」とコメント。

kareinaru2.jpgそんな、レッドフォード版「華麗なるギャッツビー」。
大豪邸に住み、スタイリッシュで大金持ち、どこか哀愁漂う紳士、ギャッツビー。彼には忘れられない最愛の女性デイジーがいますが、既に彼女は人妻。
果たしてギャッツビーは彼女を手に入れることが出来るのか。ギャッツビーの過去とは?

スタイリッシュな衣装はラルフ・ローレンが担当。
ちなみに、レオ版の衣装はブルックス・ブラザーズやプラダ、ミュウミュウなど。アクセサリーはティファニーが提供。
これでもかと言う、20年代ジャズエイジファッションが堪能できます!
たまに、ピンクのスーツがオードリーの春日に見えますが気にしないで!笑
kareinaru3.jpg
ギャッツビーの最愛の女性デイジー役はミア・ファロー。
20年代特有のボブカットでカールしたブロンドヘアが素敵すぎる!
そして、小説の中でとにかく可愛い声をしていると記されていたとおり、ちょっとうわずったぶりっ子声が可愛いミア。
そんなに美女というわけでもないミアですが、
ギャッツビーを虜にする夢の女性の純粋無垢なイメージと、彼を翻弄するデイジーの不思議な小悪魔な感じがピタリとハマっていました。
ガクガクブルブルってなるシーンの演技はホラー映画なみになんか怖い(笑)
kareianru4.jpg
ロバート・レッドフォードのギャッツビーは、真の金持ちではない成り上がり感の悲哀とか、夢の女性デイジーとその世界への憧れとか、焦燥感とか、ロマンチック感とか、少年のように恋している感じとか、そーゆう複雑な「ギャッツビー」という役のすべてを、表情で感じ取ることが出来て、ほんとスゴイと思いました。

「希望への飽くなき執念
たぐいまれなロマンチックな心情
こんな男は2度と現れない」

まさにそんなギャッツビーを見れました♡

しかし、ラストがやるせなさすぎる・・・。
kareinaru5.jpg
posted by sawori at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年07月22日

コーディネート日記「不思議の国のアリス」

alice1.jpgmiss patinaのAliceワンピースで、「不思議の国のアリス」をソフトにマネマネ♡
横縞ストライプのタイツを合わせるともっと、ぽくなりますが、Moviegoerのモットーは普段着で着ること。
ぜひぜひこのワンピースにトライしてみてくださいね^^

alice2.jpgちなみに、このワンピース。
ロンドンのmiss patinaのものですが、品質もばっちりです。
まずこのブルーの発色の良さ。レースが切り絵のように美しいです。裏地の質感にもこだわり、カッティングも素晴らしいのです!
一度売り切れてしまい、再入荷しましたので、HPをチェックしてみてくださいね!



http://www.moviegoer.jp/detailcn0157.html
alice3.jpg











alice4.jpg









alice5.jpg
posted by sawori at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーディネート日記

2013年07月19日

女性シンガーPick Up♡「Seapony」

sea1.jpg
Seaponyはこのジャケットにジャケ惚れし、聴いてみたら良かった!ということで、ちょくちょくマイ車でBGMに選ばれております♡

シーポニーについての詳しい説明はタワレコさんから拝借。

シーポニーは2010年にシアトルで結成された、イアン・ブリューワー(ベース)、ジェン・ウェイドル(ギター、ボーカル)、ダニー・ローランド(ギター)からなる3ピースバンド。ダニーとジェンは元々sea2.jpgTRANSMITTENSというユニットで活動しており、そこにダニーの幼なじみであり、かつてのバンドメイトでもあったイアンが加わり、現在に至る。
2011年リリースされたデビューアルバム『GO WITH ME』は本国アメリカで高い評価を受けたのを始め、国内盤がリリースされていないにも関わらず、ここ日本でもシューゲイザー/ギターポップファンからの注目を集め、各音楽メディアでも絶賛の嵐となった。その収録曲でありアルバム冒頭を飾った『DREAMING』はピッチフォークでフィーチャーされ、大学のラジオ局でヘヴィー・プレイとなった。
ニュー・アルバム『FALLING』では彼らの専売特許とも言える太陽が溢れ出すようなサウンドに、ライヴショーで培ってきたロック本来のエネルギーを組み入れ、繊細なギターと複雑なステップを刻みながらも柔らかなパーカッションによって愛嬌がありつつも上品な作品となっている。またオリンピアの有名なダブ・ナーコティック・スタジオのエンジニアと制作したことによって、より豊富なサウンドを手に入れたことには、前作のファンも喜ばずにはいられないはずだ。待望の新作を引っ提げ満を持して日本デビュー決定!

sea3.jpgと、いうことです。
ボーカル、ジェンの髪型やファッションも気になる今日この頃。
これからも要チェックなのです♡








Be Alone


I Really Do(Live)


To Japanese Fan♡


タグ:Seapony
posted by sawori at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性シンガーPick up!!