2013年06月13日

ハロルドとモード「79歳モードのお花とイエローファッション」

harold1.jpgこの映画を見るきっかけとなったのは、「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーのオススメ恋愛映画だから!

内容は19歳のお金持ちの少年ハロルドと79歳のおばあちゃんモードとの恋愛ストーリー。
歳が離れすぎなので、正直ちょっと違和感あるんじゃないかな?って最初は思いました。

でもこのハロルドくん、自殺を演じたり(通算15回)、他人のお葬式に参列するのが趣味と言うちょっとカルトな男の子。
・ ・・ん?それって、「永遠の僕たち」のイーノックじゃありませんか!
そして、同じく他人のお葬式に来ていたモードというおばあちゃんと知り合う。
うんうん、アナベルと知り合ったね!
harold2.jpg
同じく、意識が死に向かっている2人が出会い、惹かれ合っていく。
その対比として、ハロルドのお母さんが次々に紹介してくる、若くて綺麗なお嬢さんたち。
でもきゃぴきゃぴしている女子にはハロルドの奇行には付いていけない。
一方のモードはハロルドも驚きの奇行を平然とやってのける。
モードといれば、ハロルドは居心地がよく、やがて
「僕はモードが好きだよ。」
から
「僕はモードを愛してる。」
に変わってゆくのです。

harold3.jpgモードは79歳のおばあちゃんですが、本当にカワイイのです。
黄色ベースのコートとか傘。髪はいつも三つ編みをくるんとアップして、お花をさしたり、トレーラーハウスのようなお部屋の中も、モードの可愛らしい感性がいっぱい!
だんだん、少女のように見えてくるから不思議です。
わたしもこんなおばあちゃんになりたい!

「毎日何か新しいことをするの。
そのための人生よ。
永遠には続かないから。」
harold4.jpg
「無意味なこともたまにはやってみるといい」

などなど、モードには名言がいっぱい!

全編作曲を担当している、キャット・スティーブンスの曲が絶妙に流れ、最高に素敵な仕上がりの映画です!
アメリカン・ニューシネマの中で隠れた名作と言われるこの映画、コレクションの1本にくわえたいと思いました!
harold5.jpg








harold6.jpg
posted by sawori at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年06月12日

エンド・オブ・ザ・ワールド「キーラの世界の終わりファッションは?」

image612-1.jpgキーラ・ナイトレイとスティーブ・カレルが年の差終末カップルとなるこの映画。
「エターナル・サンシャイン」のプロデューサーです!

もはや隕石落下による世界の終わりを免れない地球。
モラルがなくなってゆく人類。
その中にあっても、平静でいたいと願うドッジだが妻に逃げられ自暴自棄に。
そんな時、同じアパートのペニーと出会い、打ち解けていきます。果たして2人は終末をどう迎えるのか…

image612-2.jpg色んな地球滅亡ものがありますが、全然危機感の感じられない展開。人類は家族や友人にかこまれて穏やかに最期を迎えようとする反面、ドラッグや浮気などモラルは崩壊。
印象的なのはこのセリフ。
「世界の終わりが人類を平等にした」

さて、キーラたん!可愛かったー!良く笑い、良く泣き、動物的な女の子の役がピッタリ!趣味はレコード集め。そんな彼女の終末ファッションは、ラベンダー色のコットンワンピースにカーキのミリタリーなワークコート。素足にスニーカー。
本当に可愛かったー(>_<)
image612-3.jpg
ドッジがヘリコプターに彼女を乗せるシーンでかかる曲が最高です。

なんだかんだコミカルに過ぎてゆくものの、やっぱり最期は観ていて苦しくなる…
この世界の終わりになってやっと出会えた2人の愛がキラキラしていて切ない映画でした。




image612-4.jpg
posted by sawori at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年06月06日

殿方ご免遊ばせ「ベベちゃんのネグリジェハート(トランプ)

tono1.jpg
ブリジット・バルドーが20代前半の作品で、ピッカピカです。

フランス大統領の娘ブリジットは、パパの秘書官で超プレイボーイのミシェルが大好き!
うまいこと結婚することはできたものの、浮気なミシェルにいつもイライラ。
「私だって浮気するわよ!最初にここを通った人と浮気するわ!」
と、そこを通ったのがフランス滞在中のシャルル大公!
tono2.jpg大公もブリジットを気に入り、2人は自家用ジェットでニースへ日帰りバカンスに!(内緒で)
やっとブリジットが大好きだと悟ったミシェルは本当に浮気しているのでは?と嫉妬に狂いますが、それを見たブリジットは「嫉妬してくれた!」と大満足。
そして丸く収まりハッピーエンド。。。と、内容はこんなかる〜い感じ(笑)

1番可愛かったのは、何と言ってもネグリジェ!
髪も束ねてピッタリしたボディコンシャスな服を着ている昼間と違って、「ベベちゃん」という愛称がピッタリのキュートさ!
いいですよねえ、こんなネグリジェを着てものすごーく大きいベッドで寝たいものです。





tono3.jpg
しかし、決して細いとは言えない爆弾的なボディが魅力のバルドーですが、腰とか超細い!で、顔がほんとにちっちゃい!いつもふてくされたあの不機嫌な顔が最高です。まさに小悪魔!!
ああ、可愛かった。。。。






tono4.jpg

posted by sawori at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年06月03日

ロバと王女「絢爛豪華なドレスとドヌーブ」

roba1.jpg「ロバの皮」というフランスのシャルル・ペロー原作の童話を、「シェルブールの雨傘」のジャック・ドゥミが映画化。

青の国の王様は、愛するお妃に先立たれ失意の中。
「私より美しい女と再婚してください」
というお妃様の遺言に
「それに見合うだけの女はわが姫しかおらぬ!」
と、自分の娘と結婚しようとするご乱心の王様!

roba2.jpg「それはない!」
と、名付け親のリラの精に相談する姫。
「なら、こうしなさい・・・」
妖精の入れ知恵で、空のドレス、月のドレス、太陽のドレスと次々と難しいドレスを注文するも、クリアしていく王様の家来たち。最後には、王国の宝「宝石を産むロバ」を殺し皮でドレスを作ってください。」と言っても、王様は願いを叶えロバを殺してしまいます。

もう、ロバの皮(結構グロイ)を着て変装し、逃げるしかない!

ということで、その恐ろしくクサいロバの皮を着て、下女になり、森で暮らす姫。
roba3.jpg
ある日赤の国の王子が森で暮らす王女を見初め、なんやかんやで2人は結ばれ、結婚式にはなぜか、青の国の王様とリラの精がヘリコプターで現れ、「私たちは結婚した」と報告。2人を祝福。めでたしめでたし。

と、ものすごいストーリーです(笑)

これは、王様役ジャン・マレーの主演したコクトーの「美女と野獣」のオマージュでもあるらしいのですが、わたし、観てなくってすみません><

roba4.jpgしかし、カトリーヌ・ドヌーブが多分27歳と美しさのピークで、どのドレスも最高に似合っています!あのグロイ「ロバの皮」ですら、キュートなかぶり物に変身!
とにかく美術が前衛的であるというか、かわいいというか、美しいというか、不思議です。
王様の台座は白くて大きいネコちゃんです。
あと、王子様が「ニュー・シネマ・パラダイス」の大人トトです。
音楽はミシェル・ルグランです。

とっても不思議なトンでる世界ですが、異空間に迷い込んだように楽しめました♡
roba5.jpg







roba6.jpg







roba7.jpg
posted by sawori at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション