2013年05月09日

ロミオ+ジュリエット「現代版ジュリエットの天使ファッションと小ネタ」

romeo1.jpg久しぶりに観ました!
久しぶりに観ると、ディカプーの若さと美しさにビックリしつつ、キュン死に・・・♡ 
クレア・デーンズの天使の羽(相当高かったらしい)にシンプルな白いドレスも絵的に素晴らしかったですね!

冒頭の悩めるロミオの書く詩。


romeo2.jpg
恋よ
争う恋
恋する憎しみ
“無”から生じた”有“なるもの
沈んだ陽気
まじめなたわむれ
美しい形をした
醜い混沌

こんな感じで、現代なのにセリフがシャイクスピアの戯曲風なのがキュンポイントです!
romeo3.jpg
ストーリーはみなさんご存知のシェイクスピア「ロミオとジュリエット」の現代版。ご覧になった方も多いと思うので、ちょっとこの映画にまつわる小ネタなどをご紹介していきたいと思います。

監督さんは、もうすぐ公開の「華麗なるギャッツビー」監督さん。
またディカプーを起用ということで、差が楽しめるのではないでしょうか?
この監督さんの特徴は音楽に合わせためくるめく映像だと思うのですが、ニコール・キッドマンを起用したシャネルのCMも撮っていて、その特徴が凝縮されてると思いますので、こちらでご紹介します^^


美しすぎるニコール!!

しかし、レオナルド・ディカプリオのこの時期の美しさは演技力が際立ちますね。タイタニックもそうですが、相手役ヒロインの演技が幼稚に見える!
ジュリエットを見つめる目とか、触れ方とか、超優しい!
良い癒しになりました(笑)

romeo4.jpgこの映画、サントラもいいのでぜひどうぞ!
映画が終わって、
「まあまあだったかな!」
と思っているところへ無音のクレジット。
「あれ?」
と思っているところへ
RadioheadのExit Music!!!!!!
この演出でこの映画が最高になりました。
romeo5.jpg
posted by sawori at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション