2013年02月15日

孤島の王「とっても寒くなるノルウェイ更生施設の男子服」

kotou1.jpgスクリーン2012年公開ベスト映画ランキング25位。
ノルウェイの孤島バストイにある非行少年の矯正施設で実際にあった悲劇を描いた作品。

11歳〜18歳の少年が収容されたこの極寒の孤島の施設に、ある日ベンヤミンという少年が入ってくる。
どうやらひどく重い罪(殺人?)を犯したようですがその辺りの過去は謎。
カリスマな彼は、威圧的な院長や、お気に入りの少年に性的暴行を加えている最低な寮長ブローテンにも、怯まず反抗し、遂には脱獄をはかるのですが、捕まってしまいます。惜しかった><
kotou2.jpgそんな彼の監視を任されている優等生オーラヴ(めちゃカッコいいのです!)は、あとちょっとで卒院できるので、ベンヤミンを大人しくさせたい反面、自分の中にも院長や寮長に対する不満が募り、遂には院全体を巻き込んで暴動が起きてしまいます・・・・

とにかく寒そうな極寒のバストイ島。
日本ならユニクロのダウンが支給されそうですが、北欧らしく、濃いめのダンガリーシャツにサスペンダー。コートはピーコート風のウールのもの。カッコいい・・・とっても北欧人に合っているハート(トランプ)
kotou3.jpg私のお気に入りオーラブは首にスカーフ?ただの布?を巻き付けているのですが、ただそれだけで他の少年たちとの区別がはっきりして、素晴らしいと思いました。
ただ、このオーラヴ役のトロン・ニルセン。
今回カッコいいと思って調べたのですが、私服がチャラくて好きじゃなかったです・・・。


kotou4.jpgこの映画監督マリウス・ホルストは全く知らなかったのですが、素晴らしい映像美!それで、所々に流れるシガー・ロスの曲がなんて見事にマッチ!その他の曲も良くって、調べたら「ぼくのエリ」の作曲を手がけた人でした。素晴らしく、北欧の香りなのです。

ここで、監督のコメントをご紹介。

「14年前、バストイ島の矯正施設で少年時代を過ごしたという男性との出会いが本作のきっかけとなっています。これはノルウェー本国でもあまり知られていない歴史の一部なのですが、バストイ島で何があったか、そこで過ごした少年たちの運命を伝えなければならないという思いに私は長い間取りつかれていました。実話をもとにしたこの作品は、それほど遠い昔の話ではありません。『孤島の王』は今の時代もなお世界のいたる場所で起こっているが、大半の人々は知る由もない、不条理な現実を描いた作品なのです。」
kotou5.jpg
『不条理な現実』まさにそんなことを感じた傑作でした。





posted by sawori at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年02月14日

風と共に去りぬ「1860年代のスカーレットファッション」

img0214-1.jpg南北戦争時代のアメリカ。
南部のお嬢様スカーレットはご近所の草食系おぼっちゃまアシュレイが大好き。
でもアシュレイは聖母のような女性メラニーと婚約。
モテモテのスカーレットは当て付けにどうでもいい男子と結婚!
その後戦争が始まり、2回未亡人になり、運命に翻弄される中、ずーーーっと涙を拭ってくれたのが、レット・バトラー!!


img0214-2.jpg「こんなに欲した女はいない。こんなに待ったこともない。」
と、ついに結ばれる2人ですが、
「私が本当に愛しているのはアシュレイだ」
という幻想に取り憑かれているスカーレットと、それを恐れているレットはすれ違いついには悲劇がおこってしまいます。

img0214-3.jpg誰が見ても、アシュレイよりレットが完全にスカーレットに似合ってるのに、「もーーーっ!!」ってかんじですよね!

衣装を手がけているのは、ウォルター・プランケット。
特に緑と白のバーベキュードレスは今も素晴らしい功績として映画界にその名を残しています。
img0214-4.jpg私が一番好きなのはオレンジとチェックのドレス。
写真を検索していて、こんなドレス着てたっけ?
と思ってしまうほどの可愛さ。
見直すとわずかなシーンですが着ていました。
ちょっとのシーンも気を抜かない衣装。

img0214-5.jpgしかし、レットのキスにとろけて結婚をOKしたり、超喧嘩しても一夜明けるとデレデレ~ってなってたり、女子の単純さというかバカっぽさというか、そういうのがすごく可愛かった!!
そこをレットは見逃してたよ!

最後、勝手にしろって出てっちゃうレットに
絶望しながらも

img0214-6.jpgAfter all, tomorrow is a another day.
結局、明日は別の日なのだから

と、明日考えようとするスカーレットは強い。








img0214-7.jpg
posted by sawori at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年02月08日

コーディネート日記「映画の中のネクタイ」

今回は男子向けのコーディネートをご紹介しまーす!
「男の人向けの服はない?」
とよく聞かれるのですが、そういえば、女子の服ばっかり見ていました!
あんなにキュン死に男子を紹介していながら(笑)

もうすぐバレンタインデーということもあって、
映画の中のようなネクタイをピックアップしてみましたハート(トランプ)
ネクタイってとっても重要ですよね。

ジョゼフがしていそうな60’s風ストライプネクタイ、チェックネクタイ、ブラウンのヘリンボーンネクタイを集めてみましたよ!
ビートルズの「A Hard Day’s Night」や「500日のサマー」風にコーディネートできそうですよね!
「勝手にしやがれ」のジャン=ポール風のもありますハート(トランプ)

tie1.jpg
tie2.jpg
tie3.jpg
tie4.jpg
tie5.jpg




























男性のみなさま,女子のみなさまの彼氏さま、おためしくださいハート(トランプ)

Moviegoer shop
「映画の中のネクタイたち」
http://www.moviegoer.jp/campaign.html

posted by sawori at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーディネート日記

2013年02月07日

少年は残酷な弓を射る「美しすぎるケヴィンにはTシャツとジーンズとKedsだけでいい」

kevin1.jpgなかなか劇場にゆけない私・・・。
今一生懸命昨年の見逃した映画を『去年公開の映画スクリーンベスト100』をもとに観ているところです!

ちなみにこの「少年は残酷な弓を射る」は18位でした。




kevin2.jpg世界各国を飛び回る自由奔放な冒険家エヴァ。
大恋愛で結婚し妊娠し出産。
大喜びの夫を横に戸惑うエヴァ。
(果たして私に母親ができるのかしら?)
自由な鳥が籠の中へと閉じ込められてしまう現実。
なかなかオムツのとれない息子。
反抗的な目。
言うことを無視する息子を自閉症と疑うエヴァ。
2人はお互いの存在の中にくすぶる「愛」を表現できないまま
すれ違い続け月日は流れ悲惨な事件を起こしてしまいます。

kevin3.jpg映画では3人のケヴィンが出てきますが、どの子も反抗的な演技がすごい!
母親を睨みつけるその目は「デミアンか!」と思えるほどです。
特にエズラ・ミラーは超美しくって、たいていピチっとしたTシャツにジーンズに真っ白のケッズのスニーカーをはいてるんですが、それが最高にいいんですよ。この素材の前には飾りなど必要ない。
私もケッズのスニーカーはく!!
ちなみに・・・当ショップに置いてます!(笑)
http://www.moviegoer.jp/detailcn0054.html

kevin4.jpgエヴァ役のティルダ・スウィントン、最高の演技です!素晴らしい女優さん。
ウッディ・アレンも気になる女優に彼女をあげてます^^
「サム・サッカー」でも思ったのですけど、彼女の美貌といつも不釣り合い(失礼)なダンナ様役が多い気がする・・・今回はジョン・C・ライリー。ね??





kevin5.jpg私自身2人の子供の子育て中ですが、この映画の最初から最後まで
「なんで??」
がつきまといます。
ケヴィン、なんでこんなにゆうこと聞かないの??
エヴァはそりゃあちょっとぎこちないけどそれなりにがんばってた気がする。
でもすごーーーく冷たい部分もあるけど。
きっとケヴィンは愛の必要量が人より多かったのかも?
最後エヴァは
「なぜ?」
と聞くけどほんとは何となくわかっているんじゃないかな?
夫と妹は「陽」自分とケヴィンは「陰」だということ。
理解できないようで実は理解できてる、怖いな〜。

kevin6.jpg衝撃の結末とらすとほんのり未来を残すケヴィンのセリフ。

「なんでかわかってたつもりだけど、今はわからない」

ホラーくくりか、人の内面をえぐる系なのか、監督や原作者の意図はわからないけれど、とっても美しくて壊れやすい怖い映画です。
気持ちに余裕のある時にどうぞ!

あ!曲はレディオヘッドのジョニーが担当してますよーハート(トランプ)

posted by sawori at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年02月04日

ダイエット日記「バレトン・メソッド!!」

bareton1.jpgみなさん、毎年毎年なぜお正月は太るのでしょうか・・・
うちの実家は喫茶店をやっておりまして、お正月は手伝っていましたが、お客様みなさん
「お正月に食べ過ぎて太ったからちょっと控えるわ〜〜」
とおっしゃっていました。笑
お正月って「ま、いいや!」ってかんじですよね、笑

そんな感じで本屋を探索中、
「バレトン・メソッド」という本を発見!
ほんとはSHIHOちゃんのヨガ本を目当てに行ったんですがこっちを買ってしまいました。

なかなかいいですよ!!

バレエ・ヨガ・フィットネスのいいとこ取りな感じで、とってもお手軽に出来ます。
DVDも10分の軽い感じから25分のしっかりエクササイズ、部分やせコースに分かれてるので気が向いたとこだけやれます。

バレエとかヨガは形がキレイなので、「それに取り組んでいる自分」を客観的にみて恥ずかしくないとこがいいです(笑)

bareton2.jpgそのあと、SHIHOちゃんのも買ったんですけど(笑)SHIHOちゃんの体はとってもキレイでカワイイんですけど、ちょっとしゃべりが長くて、ヨガもちょっとホンカく的だったので、「よし!」と思わないと取りかかれないんですね。
でもちゃんとやったら効きそうです!

でも今はもっぱら「バレトン」の10分ショートコースと部分エクササイズがお手軽でハマっています。
オススメです!
春夏はモッズのファッションしたいので、もうちょっと痩せたい><
毎日dear creaturesやmiss patinaの新作写真を見ながら
「これを着るのだ!」
とがんばることにします!

みなさんも、もしダイエットされている方が見えましたら、ムリなく楽しく綺麗なボディ、お互いに目指しましょうね!!!ハート(トランプ)




posted by sawori at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット日記