2013年02月28日

さすらいの女神(ディーバ)たち「ニューバーレスクダンサーのファッション」

sasurai1.jpg「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリックが大好きなので、しかも今作は監督をやっていてカンヌの監督賞もとっているということで、ずっと見たいと思っていました。

アメリカの『ニューバーレスク』(ヌードにまでは至らないストリップショー)の一座のフランスツアーのロードムービー。
彼女らのフランスでの興行人がマチュー・アマルリック扮するフランス人ジョアキム。
有名プロデューサーから一変、落ちぶれたジョアキム。
離婚し子供も反抗的。興行もなかなかスムーズに行かず落ち込むジョアキムを
、自分たちだっていろいろ問題を抱えているだろう、ダンサーたちが、大らかに明るく癒していきます。

sasurai2.jpgダンサーたちは実際のバーレスクダンサーを起用しているらしく、映画内でも大胆に裸になっています。決して抜群のスタイルとは言えないけど、女性らしくて大らかで、なんだかダイエットなんてばからしくなる!

特にミミ役の人、映画が初めてなんて思えないあの演技!
素晴らしいです。
お洋服もとっても可愛くてグレーの花柄のワンピースや紫のコート。いつもピンヒールで髪は白いブロンドでマリリン・モンローみたい。
sasurai3.jpg他のダンサーたちの私服も色とりどりでカワイイので必見です!
ミミに心惹かれていくマチューの演技も素晴らしい。
マチューは笑うと子供みたいで、口ひげとかいらないのにー。

とにかく、ロードムービーなので、これといったドラマチックな激動の展開!!とかなく、淡々と進み「なんだかうまくいかないな」「なんでこんなことしてるのかな」「自分ってサイテー」「大人になりきれない自分がいや!」なんて心の声が聞こえてきそうな、もどかしさや、歯痒さ。
人生を中盤に差しかかった男女のそうした葛藤や悩みと、そんな悩みを共有して受けいれ肯定し、大らかに包んでいく。
sasurai4.jpgそんな印象の映画でした。




sasurai5.jpg



sasurai6.jpg
posted by sawori at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年02月25日

リアリティ・バイツ「赤いタンクトップとブルージーンズ」

reality1.jpgウィノナ・ライダーが可愛すぎるこの映画。
ベン・スティラーが監督なんですね!
「リアリティ・バイツ=現実は厳しい」
その名の通りの映画で、学校を卒業して社会に出た経験のある人なら誰もが感じる矛盾や不安を描いていたと思います。

大学の仲良し4人組が卒業して社会へ飛び出す!


reality2.jpg
ジャーナリストを目指すリレイナ(ウィノナ・ライダー)
哲学科の頭は良いけど反社会的なトロイ(イーサン・ホーク)
GAPで働く男性経験豊富なヴィッキー
ゲイを両親にカミングアウトするか迷うサミー。

それぞれに問題を抱えながら社会を生きている4人。
リレイナとトロイはお互い好き同士なのですが、恋人関係にはいたっていませんでした。
そこへMTVの編集局長(ベン・スティラー)が現れ、リレイナと付き合うことに。
2人の恋の行方は??

reality3.jpgウィノナ・ライダーがほんっとにキレイです!
最初の黒地の小花柄のノースリーブワンピースもめっちゃ可愛いし、
部屋着の赤いタンクトップにブルージーンズも似合う!
シンプルなブラウンのシャツワンピースや
トロイに「カーテンか」って言われた白いレースのドレスも可愛かった♡
あと、GAPの店長という役だけあって、ヴィッキーのお洋服はどれもオシャレ!ちょっとモッズ調で現代で完璧通用するファッション。

reality4.jpgしかし、イーサン・ホークってほんとシャイな役似合いますね!
「今を生きる」でもそうでしたが、ちょっと目が泳ぐ挙動不審な演技が最高。
そして優しいキスの仕方とかもさすがのイーサン・ホークです。
素晴らしい。
役柄は頭良すぎて反社会的でリレイナが大好きなのに踏み出せなくて他の女子と付き合ってばかりという・・・
そしてたまにこんな素敵セリフを

「ぼくに必要なのはこれだけだ。
タバコとコーヒー。
おしゃべり。
君と僕と5ドル」

reality5.jpgそしてクビになって自信の無くなっているリレイナに

「君はみんなが愛する女だ。
そして、ぼくの愛する女だ。」

と告白。

素敵でした♡

社会的に成功者であり、そこそこ価値観もあって大人なマイケルと、無条件に心が惹かれあているトロイ。
あなたはどちらの恋人を選びますか?

主題歌Lisa Lobe/STAY


posted by sawori at 14:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年02月22日

別離「イランのサンド色」

beturi1.jpg凄い映画ですー><
音も最小限だしとっても淡々と進んでいく映画なのですが、全く飽きません。
もうずっと画面に釘付けでした。

ある夫婦の離婚調停から映画は始まります。





beturi2.jpg奥さんのシミンは家族で外国で暮らしたいと主張。
夫のナデルは認知症の父を置いては行けないと反論。
ならば離婚する!とシミンはこの時
(それぐらいの覚悟でこの国を出たいのだ。家族みんなで。でも離婚は本意ではないのだ)
beturi3.jpgと、ナデルに離婚を反対して欲しいし、本当は家族で一緒にいたい。と思っていました。
でもナデルは離婚を承知し、一人娘テルメーもいつか母が戻ると信じて父と残ります。
そして介護のため一人の家政婦を雇い、それがとんでもない問題を引き起こして行きます・・・(ほんとエラbeturi4.jpgいことになります!)

イランの女性のファション。
チャドル?という髪の毛とかを隠す布を身につけるのですが、そのファサって巻く仕草がほんとにキレイなんです!
信仰が深い方が黒っぽいんでしょうか?家政婦役のラジエーはいっつも真っ黒。
一方外国で暮らしたいシミンはサンド色でとってもスタイリッシュ。テルメーは若者っぽくチェック。
とっても奥ゆかしく見えるファッションです。

beturi5.jpgちょっとしたすれ違いや行動が、だんだん取り返しがつかないことになって行く様が、とっても悲しくって怖くて切ない。
誰が悪いとも攻められず、ラストも本当に胸の痛い映画です。
でも、とっても考えさせられて、皆さんにもぜひぜひ見ていただきたい大傑作です。素晴らしかった!!

posted by sawori at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2013年02月20日

コーディネート日記「小さな恋のメロディ」

co-melody1.jpg私が生まれる前の映画なのに、なんでこんなに新鮮。
瑞々しくて優しい素晴らしい音楽映画。
メロディのギンガムチェックの制服が可愛すぎて、大人風にアレンジして着てみましたハート(トランプ)
miss patinaのギンガムチェックのワンピース。後ろが結構開いててボタンで留めるようになってて、ベルトじゃなくてリボンで結ぶタイプ。
で、メロディ風に髪をリボンバレッタでとめてみましたハート(トランプ)
co-melody2.jpg映画では,白いソックスにストラプシューズでしたが、ちょっと子供っぽいのでタイツにマーチンブーツにしてみました。
あとあと、映画ではカバンはブラウンのマーチンみたいなカッチリスクールバッグでしたね!
そんなバッグを斜めがけしてもかわいいですよねー!
みなさんも、ぜひぜひ挑戦してみてください!



co-melody3.jpg
ハート(トランプ)miss patina ギンガムチェクワンピース
ハート(トランプ)リボンバレッタ
ハート(トランプ)Dr,Martenブーツ







co-melody4.jpg
posted by sawori at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーディネート日記

2013年02月18日

小さな恋のメロディ「ギンガムチェックの制服!!」

melody1.jpg確実にマイベスト映画5に入る映画になりましたハート(トランプ)
「小さな恋のメロディ」
のっけから、ビージーズの名曲「in the morning」とイギリスの風景にやられ、タイトル文字が赤い手書きの筆記体でmelodyって!!このオープニングはヴァージン・スーサイズ級の衝撃でした。

お話自体は、幼い2人ダニエルとメロディがとっても素朴で純粋な恋に落ち、結婚したいと言い出すけれど、もちろん大人は大反対。
はじめはからかっていた友達も2人の真剣さに、ついには2人の駆け落ちを手伝う・・・と言った良くある内容なのですが。
とにかく映像が瑞々しくって、生を感じるのです。
そしてビージーズの楽曲がもう、本当に素晴らしくって、映像と重なって何度泣きそうになったか><
あー、今もサントラを聴いて泣きそうですT.T

melody2.jpgそして、制服が〜〜〜!!
私の大好きなギンガムチェック!!
学校は色とりどりのギンガムチェック〜〜!!
それに紺色のブレザー。
白いレースのソックス。
ストラップシューズ。
もう、キュン死にしすぎてこの映画は反則。
男子のネクタイも良かった!
あと、マーチンみたいなカバンも!!
melody3.jpg
「メロディ、あなたはまだ子供なの。大人にならないと結婚できないの。」
「なぜ?私はただダニエルと一緒にいたいだけなの。幸せになりたいだけなのに、なぜ応援してくれないの?」

確かに・・・そうですよね。

melody4.jpg人を好きになり、その人と一緒に居るだけで幸せで、だからずっと一緒にいたいと思うこと。
そんなシンプルな自然な感情を『結婚』という法律で決めること。
なんだか?????ですよね。

でも世の中って、2人だけじゃなくって、自分たちを愛しているまわりの人たちがいて、なかなか難しいものです。

melody5.jpgこの映画、最後に駆け落ちを応援している気持ちのところへ
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの「teach you children」で一瞬にしてまわりの大人の気分に戻し、とっても考えさせられ、暖かい気持ちになり、またまた最後にメロディの文字が!!

どれだけキュン死にさせたら気が済むの??

まだ見ていない方はほんとぜひぜひ見てくださいハート(トランプ)

posted by sawori at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション