2012年12月17日

ワン・デイ「アン・アサウェイの23年分のファッション」

oneday1.jpgアン・ハサウェイ主演、「17歳の肖像」の監督作品。
ある男女の恋愛を7月15日という1日だけを23年分並べるという手法で見せてくれています。

冴えない大学生エマは同級生のイケメンおぼっちゃまデクスターが大好き。
卒業式の日、思い切ってアパートに誘うのですが、デクスターから「親友でいよう」と言われてしまいます。


oneday2.jpgその間、エマはずーーーーーーーーっと親友という位置でデクスターの女遊びやら、TVの司会者として成功と挫折をし薬漬けになっていったときも、デクスターの最愛のお母さんが亡くなった時も、慰め見守り続けます。
でも、デクスターはそんなエマを愛しません。
oneday3.jpgあくまで支えになる親友としか見ていないのです。
エマの恋は成就するのでしょうか?
ラストかなり衝撃でした。

23年分のラブストーリーということで、ファッションの変化も見どころです!最初のエマは白いノースリーブの花柄ワンピースにGジャン、黒いブーツにソックス。冴えない学生の時なので、モタッとみえてそこがまたかわいいんです!
oneday4.jpgデクスターとの旅行中は胸が広く開いたベージュ系の花柄ワンピース、先生になってからは黒地の小花柄ワンピースに赤いカーディガンをはおって黒いブーツ、作家として成功しパリに行った時は、髪もショートでブラウスにペンシルスカートとマダムな装い。ブルーのドレスも可愛かったハート(トランプ)

oneday5.jpgそして共演のジム・スタージェス!!!
はじめは「なにこのチャラいかんじ」と全く興味なかったんですが、時が進むにつれ彼は運命に翻弄されていきどん底に落ちて、やっと自分の思いに気づき、エマをパリまで追いかけていった時からの、カッコよさと言ったら、ほんとに同一人物かと思いました!カッコいい!!!
これから追っていきたいイギリス人!!

oneday6.jpg自身がなくて奥手。奥ゆかしいエマ。
いつも自分の思いを我慢して夢が叶うのを待っている。
そしてデクスターがそれを悟って彼女の望む言葉をかけ、エマも凄くし合わせそうににっこり微笑む。
そんなシーンがホントに暖かくていい映画でした。

酷評されている記事も読みましたが、前ふりが長い分、ラストにかけての2人はすごく号泣してしまいました><
悲しすぎますけど終わり方も切なすぎますけどなんかよかったーハート(トランプ)

「ワン・デイ」trailer

posted by sawori at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年12月14日

コーディネート日記ハート(トランプ)「永遠の僕たち」ギフトセットハート(トランプ)

co-eien1.jpg「永遠の僕たち」大好きな映画です!
ミア・ワシコウスカとヘンリー・ホッパーくんの可愛かったこと!!!
詳しい映画紹介はコチラ
http://moviegoer.sblo.jp/article/55607241.html

その映画から、ミア・ワシコウスカの演じる余命3ヶ月の美少女が着ていた、ダルメシアン柄のコートと真っ赤な手袋のコーディネートを真似させていただいて、

ハート(トランプ)ダルメシアン柄ストール
ハート(トランプ)赤い手袋
ハート(トランプ)「永遠の僕たち」DVD

をセットにしてギフトセットを作ってみました!

co-eien2.jpg黒、白、グレーなどのシンプルなコーディネートに重ねれば、
「永遠の僕たち」コーデの出来上がりハート(トランプ)

プレゼントに、ご自分に、ぜひプレゼントしてみてくださいね^^ハート(トランプ)
Moviegoer shopクリスマスギフトキャンペーン
http://moviegoer.jp/campaign.html




co-eien3.jpg









「永遠の僕たち」trailer

posted by sawori at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年12月13日

シカゴ「20年代ファッションは囚人だって華麗!」

chicago1.jpg昔、この映画を見た時は、まずキャサリン・ゼタ・ジョーンズのドスの聞いた声にビックリし、レニー・ゼルウィガーが痩せていてビックリした覚えが!




chicago2.jpg再度見ても同印象。キャサリンは姉御でレニーはマリリン。
この映画は、本性は一緒だけど、ソリッドな女と甘ったるい女がコンビを組んで大ヒットし、幕を閉じます。

時は1920年代。
ショーの世界で姉妹デュオとしてスターだったヴェルマ。
しかし妹とダンナさんの浮気を目撃し逆上して殺害。刑務所へ。

chicago3.jpgそんなヴェルマに憧れる、しがないセールスマンの妻ロキシー。
ショーの世界に憧れコネがあるという男性と浮気。
しかし騙されたと知って殺害。刑務所へ。

chicago4.jpgなんとか無実になろうと金と名声が全ての敏腕弁護士ビリーを雇うのですが・・・。

やっぱり、ロキシー役のレニー・ゼルウィガーが光っていました。
20年代特有のショートのカールヘアにIラインのお洋服。
記者会見をする時はこれでもかというくらいオシャレにして、ホントに囚人か?という感じです(笑)
本人は嫌がっていた白い襟の黒いワンピースも可愛かったハート(トランプ)

chicago5.jpg人を殺してのうのうと名声にしがみつく姿、とても滑稽でいやらしいのですが、ミュージカルということもあり,映画自体のテンポも良くて、そもそも、そんな人間のダークな部分、しぶとくあざとく飽きやすい部分をコミカルにデフォルメして滑稽だと笑ってしまおうという映画です。
しかし女性は強い!笑。
chicago6.jpg
posted by sawori at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年12月10日

レイヤーケーキ「イギリスギャングなファッション」

layer1.jpgずっと気になってて見てみました^^
ダニエル・クレイグカッコいい!!

麻薬ディーラーのダニエル・クレイグは、とても切れ者。
この世界に見切りをつけ、さっぱり足を洗おうとしていた矢先、ボスから普段なら組まないチンピラギャングとのヤマを依頼されます。
そして、足を洗うどころか事態はとんでもない方向に・・・

layer2.jpg「スナッチ」のガイ・リッチー作品のプロデューサーであるマシュー・ヴォーンの初監督作品です。

そのせいか、作風も似てるのですが,もうちょっと大人クールな感じ。
ダニエル・クレイグもとってもスマートです。この人って、マッチョなのか繊細なのか良くわからない、なんか不思議な雰囲気ですよね。革ジャンにジーパンもイギリスとなると、なぜかオシャレに見えてしまう・・・

私の大好きなベン・ウィショーは、どーしよーもないチンピラ役でした(泣)
しかも、めっちゃ自然にチンピラになりきっている・・・
赤いシャツにストライプのジャケットというチンピラ衣装も似合っている!笑

layer3.jpg役者には2タイプあって、どの役をやっても同じに見えてしまう顔の見える役者と、どの役にもすんなりとけ込んで顔の見えない俳優。ベンは確実に後者なのです。どの役も別人に見える。
日本で言うと加瀬亮的な存在感ですね!

シエナ・ミラーがイマイチピンとこなかったんですが、豊かなブロンドとシンプルな黒のドレスがホントよく似合う。
layer4.jpg
ラストまでとにかく意外なのです。
「これが断層社会(レイヤーケーキ)だ」
というセリフが印象的でした。

結局、下も上も切りがない、上に上り詰めてもまたすぐ次の不安や問題が起きる。そして下だった時の苦悩は忘れていく。

この世はまさにレイヤーケーキ。

カッコいい映画でしたハート(トランプ)

この映画、選曲も渋かったです。
その中からデュラン・デュランの曲をご紹介しますね♪

posted by sawori at 14:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年12月07日

ジョン・カーター「テイラー・キッチュがなかなか」

john1.jpgん〜〜、ちょっと微妙だったかもしれません(笑)
というのは話が完全理解できなかったので><
原作をしっかり読んでみるとまた楽しめるかも?
でもキライじゃありません!!

john2.jpg1860年代の地球から、不思議なメダルに導かれ火星にやってきてしまったジョン・カーター。
重力の影響でスーパーマン並みの身体能力を得られたジョンは、部族間の対立に巻き込まれていきます。
そして火星のプリンセスと恋が芽生え・・・

john3.jpgあの不老不死とかいう種族が圧倒的な科学を持って生命を神的に操っているという設定がなかなか好きなのですが、理解ができないとこもいっぱい。
戦闘シーンも多すぎるけれど、ジョン・カーター役のテイラー・キッチュがなかなかカッコいいのです!
ちょっとマッチョすぎる感もありますが、スーツ姿もカッコいい!
彼はカナダ出身で、ニューヨークに出てきて一時ホームレスをしてたこともあるとか!なかなか苦労人ですね。
これからチェックしていきたいです(笑)
john4.jpg
あ!めっちゃ動きが素早い、ウーラが凄く可愛かった!
地球で言う、犬のようなペット的存在。ブサかわいいハート(トランプ)



john5.jpg
posted by sawori at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション