2012年12月28日

今年1年ありがとうございました!

今年1年ありがとうございました!
良いお年をお迎えください!


みなさん、今年もラスト4日!!
ほんとうに早いものですねー。


2012年ラストブログは
「キュン死にキスシーン」をピックアップしまーすハート(トランプ)

下の画像…何の映画かわかりますか?


キュンとして新年をお迎えくださいね!
Have a nice holiday!!

kiss1.jpg
kiss2.jpg
kiss3.jpg
kiss4.jpg
kiss5.jpg
kiss6.jpg
kiss7.jpg
kiss8.jpg
kiss9.jpg
kiss10.jpg
kiss11.jpg
kiss12.jpg
kiss13.jpg
kiss14.jpg
kiss15.jpg
posted by sawori at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | iLove

2012年12月27日

I Loveハート(トランプ)「キルト」

「キルトに綴る愛」という映画がありまして、ウィノナ・ライダーも出ている映画なのですが,とってもいい映画です。
以前書いた映画紹介はコチラ
http://moviegoer.sblo.jp/article/53436269.html

私はキルトがとっても好きです。
自分でも作ってみたくて何回かトライしたんですが、布をつなぎ合わせてさあ、キルティング!という作業で断念してしまうのです・・・。

私のキルト好きを目覚めさせたのは
「サイファ」という漫画なのです。
kirut1.jpg








kirut2.jpg

サイファとシヴァという双子の人気スターの同級生アニスが2人の為にキルトのベッドカバーを作ってあげるというシーン(多分2巻)にものすごく感動し、これと同じものを作りたい!と、アニスのマネをして50色の色鉛筆を買ったりチクチク布をつなぎ合わせたりしていたのですが、未完のまま現在に至ります(笑)

そして、ちょっと前「キルトに綴る愛」を見て、やっぱりやってみたいと思っていたところ,ご近所のおばさまが教えてくださることに。
とりあえず手始めにクッションカバーを作っています!
kirut3.jpg

今度は完成するとよいのですが・・・
そして念願のサイファのベッドカバーを作ることを来年の豊富の一つに入れたいと思いますハート(トランプ)
posted by sawori at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | iLove

2012年12月26日

キュン死に男子Pick upハート(トランプ)「ダニエル・ブニュールハート(トランプ)

daniel1.jpg1978年生まれの34歳。
スペイン出身のスペインとドイツのハーフくんです。
彼を初めて見たのは「グッバイ、レーニン!」で、なんか特別美形と言うわけでもないけど、すごく好きハート(トランプ)と思っていたら「青い棘」では美少年でビックリ!
今日はそんな彼の出演する3作品をご紹介します。


daniel2.jpg「グッバイ、レーニン!」
心臓病のお母さんを刺激しないように、ベルリンの壁が崩壊したことを隠しながら介護をする優しい青年の役がとっても似合ってました!
目が最高ハート(トランプ)


daniel3.jpg「青い棘」
ベルリンの寄宿学校での退廃的な愛と学生生活の果ての惨劇。とにかく美形な相手役アウグスト・ディールとはちょっと違った、普通の青年を演じたダニエル。だんだんと影響されていく青年の変化を見事に演じていてとても綺麗でした!

daniel4.jpg
「ラヴェンダーの咲く庭で」
おばあちゃんに恋される美少年の役。嵐の夜庭に倒れていたダニエルを介抱するおばあちゃんは次第に彼に恋をするわけですが、その恋がホントに可愛らしいです。ダニエルも優しくってキュンとします!



daniel5.jpg何と言っても口角のあがった口と、優しそうな目が彼のトレードマーク!
最近の「コッホ先生と僕らの革命」「みんなで一緒に暮らしたら」もとっても見なければ!

posted by sawori at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年12月21日

日の名残り「カズオイシグロの世界」

hino1.jpgカズオイシグロとは、イギリスに帰化した日本人作家です。
『わたしを離さないで』を見たとき、すっかり取り憑かれ、原作を調べてみたら日本人(正確にはイギリス国籍)なので超感動したのです!
同じ感覚は『薬指の標本』の小川洋子さん。
彼女はまた日本ではポピュラーで、『博士の愛した数式』なんかを書かれた作家です。

さて、この『日の名残り』は、ある資産家のイギリス人のお屋敷で執事を勤める男のお話。ある日、女中頭としてやってきた女性に密かに惹かれながらも、仕事一筋に生きるという、不器用な紳士の淡いロマンスなお話です。

hino2.jpg映像は常に夕暮れな、西日な感じで、古いお屋敷とオレンジの日の光りがとっても美しいのです。

お洋服は第2次世界大戦が始まる前の30年代な感じで,斜めハットとワンピースと言った感じ。メイドの服もふんわりスカートな具合が素敵ハート(トランプ)

そして、アンソニー・ホプキンスのものすごい存在感!!
レクターにしか見えないんですが、
なんかロマンスなシーンも「こ、怖い!」って思っちゃうんですよ。笑
でも完璧主義の執事っぷり、お見事でした!
hino3.jpg
監督は「ハワーズエンド」「モーリス」の監督さん。
うん、私は彼を「西日の監督」と名付けよう。
彼の作品はまさに西日のようだ。


hino4.jpg
カズオイシグロ作品2本目ということで、なんて切ないのでしょう。
美しく,物悲しく、まるでモナリザの微笑のようなお話を書く作家さんだなあと思うのでした〜。





「日の名残り」trailer


同じくカズオ・イシグロ原作の「わたしを離さないで」trailer

posted by sawori at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年12月20日

ウェディング・シンガー「ドリューの80年代ワンピースとsweetな曲ハート(トランプ)

wed1.jpgウェディングシンガーのロビーは、シンガーソングライターと結婚を夢見る青年。
結婚式当日、彼女にドタキャンされてしまい、どん底まで落ち込みます。
そんなとき、職場入ってきた新しいウェイトレス、ジュリアと意気投合。
そんなジュリアは結婚式間近。
彼女の結婚式の準備を手伝っているうち、お互いに『運命』の相手を意識する様になっていくのですが・・・。

wed2.jpgドリュー・バリモアはほんとに天真爛漫な役がピッタリ。
「あんないい子をうらぎるなんて」
というロビーのセリフ。
『あんないい子』という形容詞がピッタリなのです。
お洋服は花やドットなどの柄ものワンピースにカーディガン。
開襟タイプのものが多くて80年代!って感じです。
おばあちゃんが出てくるんですが,とってもガーリーで、こんなキュートなおばあちゃんになりたいって思いましたハート(トランプ)
wed3.jpg
この映画に関しては、ある1つのセリフとアダム・サンドラーが歌うラストの曲でほぼお腹いっぱいになることでしょう。




wed4.jpgそのセリフは
「いつか、きっと見る目のある子があらわれるさ」

そして曲はこちらハート(トランプ)歌詞がとっても良いのです。



wed5.jpg







wed6.jpg








Glow up with you



I wanna make you smile whenever you're sad.
君が悲しい時はいつでも笑わせてあげたい。


Carry you around when your arthritis is bad.
君が病気の時は、僕が運んであげるよ


All I wanna do is grow old with you.
僕は君と歳をとりたい。


I'll get your medicine when your tummy aches.
お腹が痛かったら、薬を買ってきてあげる。


Build you a fire if the furnace breaks.
暖炉が壊れても、僕が火を起こしてあげる。


Oh it could be so nice.
そうできたらどんなに素敵だろう。


growing old with you.
君と一緒に歳をとれたら。


I'll miss you.

I'll kiss you.


Give you my coat when you are cold.
君が寒いときは僕のコートをあげる。


I'll need you.
I'll feed you.


Even let ya hold the remote control.
テレビのリモコンはきみに譲るよ


So let me do the dishes in our kitchen sink.
皿洗いは僕にまかせて。


Put you to bed if you've had too much to drink.
飲み過ぎたら介抱してあげる。


I could be the man who grows old with you.
君と歳をとっていく男は僕でありたい。


I wanna grow old with you.
君と歳をとりたいんだ。

posted by sawori at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション