2012年11月29日

エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜「シャンソンなお洋服」

piaf1.jpgマリオン・コティヤールが別人!!
有名なフランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフの生涯を描いた映画です。

母親に置き去りにされ、父親の実家の売春宿で子供時代を過ごしたり、父親と共に大道芸人をしたり、街角で歌を歌って日銭を稼いでいたエディット。
ある日、クラブのオーナーに歌の才能を見いだされ、スターへの道を進んでいきます。
その後も色々な波瀾万丈の人生を歩むエディット・ピアフ。
piaf2.jpg
シャンソンに全く興味の無かった私ですが,彼女の人生とリンクしながら聴くピアフのシャンソンは凄く心に染み入りました!




piaf3.jpg歌の指導者から舞台衣装に『真っ黒のドレス』を着るよう言われたピアフはその後も舞台では真っ黒のドレスが基本だったみたいです。
私は初めて大舞台に立った時のシンプルなブラックミニドレスのデザインが大好きなんですが、画像が探せませんでした><
あと、飲み会の席で(酒癖が悪いピアフも面白い)ピアフが着ていたセーラーズな服も好きでしたハート(トランプ)

piaf4.jpgしかし、何と言っても、マリオン・コティヤールには驚きです。
ほそ〜〜い眉毛にちりちりなパーマってあれほど外見変えちゃうものでしょうか??正直やり過ぎな感じもしましたが、主演女優賞をとるほど、見事になりきっていました!もともとハスキーな彼女の声で違和感も無かったです。
piaf5.jpg
ほんとうに波瀾万丈な47年とう短い人生を送ったピアフ。
だからこそ彼女の歌はリアリティがあり、魂がこもっていて,聴く人の心を動かさずにはいられないのです。

「バラ色の人生」おなじみの曲ですが歌詞がこんなに最高なんて!!


「水に流して(私は後悔しない)」映画から。これも歌詞が素晴らしい!


「アコーディオン弾き」実際のピアフハート(トランプ)

posted by sawori at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション