2012年09月28日

アダムスファミリー2「ウェンズデーのゴシックファッション」

adams1.jpgクリスティーナ・リッチはこの映画が1番カワイイ絶対!
「バファッロー66」では金髪だったしムチムチだったし、男性的にはたまらないんでしょうが、私はこのモノトーンのシンプルゴスなワンピースでむすっとしているクリスティーナがたまりません!笑



adams2.jpgストーリー・・・アダムス一家にちょびひげの赤ちゃん誕生!!
「新しい兄弟が生まれると、だれか一人が死ななければならない」
というアダムス家の迷信を信じる子供たち。あの手この手で赤ちゃん殺害を試みます。
困った夫妻はセクシーなベビーシッターを雇うのですが,実は彼女は結婚詐欺の指名手配犯!
アダムス家の長男フェスターを狙ってやってきたのです。
彼女の怪しさに気づいた子供たちですが、彼女の策略でサマーキャンプに強制連行。
そしてアダムス家の絆がバラバラに!!

adams3.jpgウェンズデーのファッションは黒。
白い襟の小花柄のシンプルゴスワンピース。
黒髪は三つ編み、水着だって真っ黒。
サマーキャンプでは浮きまくり。
でも、この自分を確立したファッションが
「まわりと一緒で安心ハート(トランプ)
という空っぽの女の子たちの中で、なんとカッコよく見えたことでしょう!
adams4.jpg
皮肉たっぷりのこの映画。
特にサマーキャンプでのシーンは
感謝祭の劇でニワトリに扮した子供たちが
「僕を食べて!良く太っておいしいよ!」
と踊るシーンがあったり、
原住民のインディアンを招待し
「この人たちは顔も洗わないしシャンプーもしないけど、とっても良い方よ!」
なんてセリフがあったり、
現代巣くう人種差別や思い上がりをブラックユーモアたっぷりに見せる。

adams5.jpg君たちが馬鹿にしているものほど真実で、
君たちがほんとうのからっぽのバカなのだ。

というメッセージを感じ取りました。

2ではなんと恋をするウェンズデー。
お相手は連続殺人鬼のカードを集めている根暗めな彼。

「There are forces tearing us apart.」
(色々なチカラが私たちを引き裂くわ)

このセリフでJoy Divisionの
「Love will tear us apart」を思い出しました。


posted by sawori at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション