2012年09月10日

「最低で最高のマリー」尻軽でサディストなサリーのアウトローファッション

sarry1.jpg「500日のサマー」の製作チームとあって、期待大だった訳ですが、『サマーの妹』みたいな映画でした。





sarry2.jpg「人生は苦しいし、死に向かっていくだけなのに、
なぜ努力するのかわからない」
と、人生になんの希望も見い出せずに無気力なジョージ。
好きなのは教科書への落書き(プロ級)
無気力なのでホントは頭いいのに宿題を出さず退学寸前。
そんな彼が学校内でも噂のアウトロー女子、サリーと知り合い恋をするのですが・・・。

sarry3.jpgチャーリーとチョコレート工場のフレディ・ハイモアくん(かなり好きな顔)
がこんなに大きく、素敵になって、役も最高!!
サリーを演じたエマ・ロバーツも可愛かったです。
サリーはジョージ曰く、尻軽のサディストなので、なかなかハードなアウトローファッションです。革ジャンスキニー、ブーツ。ラメのワンピース。でも似合っててカッコいいんですよね。
革ジャン着てみたくなりました><

sarry4.jpg最後は怒濤のように、人生の苦難が襲いかかります。
・ 退学の危機
・ 裏切り
・ 親の離婚
・ マンションの立ち退き
・ さぼった勉強のツケ

sarry5.jpg無理でしょ!死んじゃうよ!
と、観ていて心配してしまうんですが、男の子は強いのです。
いざとなるとライオンのようになんだか悠々と問題に立ち向かい、
女たちを包む込むのです!

『幸せは噛み締めていないと、見失うものよ』

今ある幸せをしっかり噛みしめていきたいですねハート(トランプ)

Trailar

posted by sawori at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション