2012年09月03日

マーガレットと素敵な何か「南仏子供服の色使いと素敵な手紙にキュン」

margaret1.jpgソフィー・マルソー主演。
40歳で仕事も恋愛も全て順調のマーガレット。
ある日、故郷から公証人が現れ,当時7歳の彼女が未来の自分に渡すようにと依頼した手紙を届けにきたと言います。






margaret2.jpg仕事人間の今のマーガレットは、モノトーンのオフィス服ばかり。
なのに、届いた手紙は、色使いも鮮やかに夢のような手紙でした。
そして、手紙が届くたび、彼女は自分の過去を思い出し、ほんとうの自分を取り戻していきます。


margaret3.jpgソフィー・マルソーは笑顔がほんとうに無邪気でカワイイハート(トランプ)
そして、子供時代の南仏の映像がとにかくカワイイハート(トランプ)
お母さんがカーテンで作った、白地に赤の小花模様のドレス。
髪には赤いリボン。
ネグリジェやテントの秘密基地。
そして未来の自分に送る手紙は、どれも可愛くコラージュしてあり、
色使いも最高で、リボンや工夫が満載。
私もそんな手紙を書きたい!ハート(トランプ)


margaret4.jpgそして、40歳にしてプロポーズされるシーン。
プレゼントのネックレスの箱の中に小さいメモ。
それには名前がぎっしり。
「子供の名前候補だ。母親になってくれる?」
なかなかクサいセリフではありますが、
この俳優さんがとても良いんです!
とっても渋くて、頼りがいがあり、優しくて、マーガレットがめちゃくちゃなのに、寛容で許してしまうんです。


margaret5.jpgオスカー・ワイルドの
『夢は大きい方がいい。見失わずにすむから。』
という言葉が印象的でした。
自分はどんな風になりたいの?
そんなことを改めて考えてしまう映画です。




trailar

posted by sawori at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション