2012年08月06日

ペルシャ猫を誰も知らない「イランのロックファッション」

perusha1.jpg私はロックが大好きですハート(トランプ)
なので、この映画を見終わった後で「ロックを自由に出来ない国があるなんて!!」と衝撃を受けました><

その国の名は・・・イラン。
イランで当局の目をかいくぐりながら、ロックを続ける若者を主人公にアングラミュージック界の実情を描くため、バフマン・ゴバディ監督がゲリラ撮影を敢行。カンヌで「ある視点」部門特別賞を受賞しました。

アシュカンとネガルはバンドでロンドンライブを行う為,バンドメンバーを探したり、ビザやパスポートを工面したりと奔走します。
やっと、バンドメンバーが集まり、良い曲も出来た、その時・・・

perusha2.jpg使用される音楽はイランの伝統音楽やヒップホップまで様々で、曲とともに映し出されるテヘランの映像はカッコよすぎでした。

そしてそして、アシュカンたちのバンドはインディー・ロック。
メンバーたちは明らかにストロークス(しかも1stのころ)を意識してるであろう、髪型とお洋服ハート(トランプ) すーーーーーーごくかっこよかったですハート(トランプ)
perusha4.jpg壁にはビートルズのポスター。シガー・ロスを敬愛するアシュカン。
イランって、ほんとにイスラムな宗教のイメージでしたが、ネットの普及でインディーロックが根付いていて、人種は違っても、良いと感じるものに共通点があるってことに、感動して嬉しくなりました。

perusha3.jpg宗教・人種・言葉の壁 さまざまな障害がある人間ですが、なんかひとつになれないのかな〜>< そして争いなんて無くなればいいのに。
そんなことを考えてしまう、不思議な映画です。

作中にもネコちゃんが登場しますが、タイトルの「ペルシャ猫」とはイランのの若者たちをさすとの事で、ほんとに私はこの実情を知らなかったのです。
素晴らしいタイトルに拍手です。

「ペルシャ猫を誰も知らない」trailar

posted by sawori at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年08月03日

キミとボク「ニャンコのきもちハート(トランプ)

kimi1.jpg1人と1匹の10年間。
40分の短い短い映画でしたが、泣かずにはいられません。

漫画家志望で1人暮らしをするため引っ越してきた主人公が、ある日子ネコを拾います。
里親募集の張り紙を作り、見つかるまでお世話するのですが・・・。
結局、可愛くなって自分で飼う事に。

kimi2.jpg「ボクは空気で全ての事がわかるんだよ」

「ボクたちは1番の友達だったね」

などなど、キュンキュンするネコちゃんのきもち。

kimi3.jpg大家さんにネコを飼う交渉中、大家さんが
「ま、僕は犬派だったんだけどね、コレがネコを飼っててね。
ネコ派の男の方がモテるじゃないか」
って、許してくれるんですよ。

kimi4.jpg確かに,そうかも??? 
どんな心理かしら???

すごく気になる発言でした(笑)
中村蒼くんがとーーってもよかったです><
ファッションもふっつーーーで、やっぱり男子は普通が最高。
ネコと接するときの表情とかホント優しそうでキュンでした^^

kimi5.jpgとにかくめちゃくちゃ可愛くて、喪失感もありますが前向きな素敵なショートムービーでしたハート(トランプ)

posted by sawori at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年08月02日

リアル・スティール「ベタだけど、セクシーな典型アメリカン女性ファッション

real-steel1.jpg
やっと観賞のリアル・スティール。
トランスフォーマーとターミネーターとベストキッドとオーバーザトップを足した感じ?







real-steel2.jpg

時は2020年。
人間同士が戦う格闘技に飽き足りず、ロボット同士を戦わせる格闘技が人気となっている世界。
そんなロボットボクシングに異常に入れこんでいるチャーリーのもとに、10年前の恋人が死んだとの知らせが入る。
残された12歳の息子を引き取る事になり、正直めんどくさいチャーリーは、親権を元恋人の妹に10万ドルで譲ることを決めてしまう。
引き渡しまでの間、一緒に暮らす事になった親子。
しかし、予想に反してロボットボクシングを通じて、親子の絆が生まれてゆく。

という、ベタなお話。
ベタはキライじゃないです。安心感と爽快感^^

real-steel3.jpg







real-steel4.jpgさてさて、チャーリーの現恋人役のエヴァンジェリン・リリー。健康的で綺麗でした! お洋服はロボットのメカニックをしているだけあって、いつもタンクトップやゆるいカットソーにパンツ。髪も常にラフにアップ。
で、気持ちの良さそうなショールみたいなのをかけたり、なんかいいんですよー。全然気を使っていないのに、そこがまたセクシーで。やっぱり着る人の素材の良さと、シルエットの良い定番アイテムをウマく着ているから何でしょうねハート(トランプ)
ヒュー・ジャックマンは飛ばします(笑)
子役のダコタ・ゴヨくん。良かったです!ファッションも、Tシャツにジーパンという定番アイテムをセンスよく着ていました。
アメリカンです。
real-steel5.jpg







real-steel6.jpg

チャーリーの息子マックスがスクラップ工場から掘り起こした「アトム」というロボット。古いタイプですが、マックスが大事に手入れして、シャドー機能がある事を発見。
シャドー機能を使ってダンスをしたりボクシングを教えたりというシーンが1番よかったです。なんというか、シャドー機能を使うときの映像の撮り方がいいんです。うん。

ただ、あんなにかわいいエヴァンジェリン・リリーが試合になると
「いけ!倒せ!!!立て!!」
とか、そーゆうセリフにはひきましたわ〜〜。
女性らしさが・・・

父と息子の絆がクローズアップされている映画ですが,
やっぱり代わりに戦っているロボットが可哀想に見えてしまうのでした。

アトムとマックスが踊るシーンだけ見ていたい(笑)

「リアル・スティール」trailar

posted by sawori at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション