2012年07月19日

モールス「クロエ・グレースモレッツの吸血鬼ファッション」

スウェーデン映画「ぼくのエリ」が大好きなわたし。
ハリウッドリメイクと聞いて、う〜〜〜〜んと思っていましたが、これはこれでアリでしたハート(トランプ)

morus1.jpgいじめられっこオーウェンの隣に同じくらいの歳の少女が引っ越して来た。
真冬なのにいつも薄着で裸足の、どこか影のある女の子。
2人が仲良くなっていく一方,街では奇怪な殺人事件が起こりはじめます。

とにかく、レンタルは2本しか置いてなくて、いつも貸し出し中。
なかなか人気の作品です。
それはクロエ人気と「クローバーフィールド」の監督さんということ、そして何よりお話がいいこと。ホラーというよりはむしろ純愛。
12歳の子供同士の愛なのに、なぜか大人よりも深い物を感じてしまうんです。(まあ、アビーは200歳なんですが・・・笑)
あと、オーウェン役のコディ・スミットマクフィーくんはオススメです!

morus2.jpgクロエの演じるアビーは吸血鬼というだけあって、黒っぽい服が多かったりします。だいたい黒かグレーの大きいパーカーみたいな服。・・・なんですが、昼間バスルームで、、まるで冬眠する動物のように眠っている彼女の服は、生成りの綿のワンピース。そのギャップがとっても可愛すぎましたハート(トランプ)

スティーブン・キングも認めたホラーというだけあってさすがに怖いシーンもありますが,私の大好きなシーンは、
morus3.jpg
アビーとオーウェンが初めてお菓子屋さんにデートして、オーウェンが彼女にお菓子を買ってあげるのですが,吸血鬼のアビーは血以外の食べ物は受け付けません。

断るのですが,悲しそうなオーウェンをみて

「やっぱり食べてみる」

といって一口。

やっぱり吐いてしまうんですが、

「ごめんね・・・」

と、アビーが言うと、
何も言わずにオーウェンは彼女を抱きしめるんです!!

このシーンがホントにホントに好きですハート(トランプ)
morus4.jpg
「ぼくのエリ」の暗い雰囲気を崩さずに、いい感じにエンタにしていました。
posted by sawori at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション