2012年07月18日

イントゥ・ザ・ワイルド「壮絶な荒野、まさに機能するファッション」

into1.jpgおそろしい作品に出会いましたー><
ショーン・ペンが製作に10年を費やし、エミール・ハーシュが役になりきったノンフィクション映画「イントゥ・ザ・ワイルド」。







into2.jpg






into5.jpg優秀な成績で大学を卒業したクリストファー・マッカンドレス。
幼い頃から両親の不仲をみて過ごし、実は私生児だったという事実を抱えながら生きて着た彼は、貯金を全て寄付し、物質社会から飛び出して、誰にも告げず荒野アラスカへの旅に出てしまいます。
旅先で出会う人々、厳しい自然、美しい自然、全ての経験が彼の思いをほぐしていき、最終地アラスカへ。
そこで待ち受ける彼の運命とは・・・。

into3.jpgとにかくエンディングロールはずーーーーーっと、胸が張り裂けそうで苦しくて泣きっぱなしでした。
ショーン・ペン、やっぱりスゴイと思いました。
エミール・ハーシュ鬼気迫っていました。
トワイライトのクリステン・スチュワートも出てました!
初々しすぎて浮いていましたが。

into4.jpg過酷な自然に挑む服、やはりジーパン。ホントに機能していました。
ダンガリーシャツやネルシャツチノパン。
アメリカン・アウトドアなファッションはとにかく機能して自然で、チャラチャラしたお洋服が馬鹿みたいに思ってしまう・・・。


とにかく、彼目線であると同時に、妹のナレーションによって客観的にもとれるこの映画の手法は、一人の青年の「運命を見届けた!」という思いを強く抱かせるし、クリスが何かを感じたり悟ったりするシーンは素晴らしく見事でした。

「もし、生き方が理性で支配されるなら

人生の可能性は打ち砕かれる。」

into6.jpg


もし、私が男の子だったなら、この映画を観たら旅に出たくなるでしょう。

男の子は、自分探しの旅に出て、

そして、無事に帰ってこなければならないのです。


Into the wild/trailar

posted by sawori at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション