2012年05月22日

キュン死に男子ハート(トランプ)「リバー・フェニックス」

river1.jpg 23歳でこの世を去ってしまったリバー・フェニックス。
両親がカルト教団に入っていたらしく、なかなか普通とは言いがたい幼少期を送った彼。だからなのかはわかりませんが、彼の目はいつでも物悲しく、優しく、奥が深く、ガラスのように感じたものです。

ヴィーガンの彼は、当時付き合っていたマーサ・プリンプトンがハンバーガーを食べただけで泣いてしまったというエピソードも!!
な、なんて繊細!!
そして、ジョニーデップ所有のクラブで薬の過剰摂取による心不全を起こし、レッチリのフリーに看取られなくなったという・・・。
悲しみのスターたる死でした・・・。
本当にもったいないです・・・。

さて、そんなリバーの作品3作品をご紹介♪

river2.jpg
@ やっぱりこれ!『スタンド・バイ・ミー』!!
当時は共演のウィル・ウィートンが好きだったんですが,今見るとリバーの目の物語り方は群を抜いていますね☆
白Tシャツ×ジーンズ、まさにジェームズ・ディーンの再来と言われる訳もわかるってもんです。


river3.jpg
A『旅立ちの時』
恋人マーサ・プリンプトンとの共演作。
リバーって無表情でありつつ、内面の情熱を出せる俳優さんだと思いますハート(トランプ)
ピアノを弾くカッコいいリバーが見れる名作です。


river4.jpg
B『インディジョーンズ』
インディの若い頃を演じたリバーがめっちゃかっこよかったです!!!
そう、もうただ単にかっこよかった!萌えた!という作品です。笑

あとは「モスキートコースト」「マイプライベートアイダホ」も最高の作品でした。ああ、ほんとに生きてて欲しかったです。リバー・・
river5.jpg








river7.jpg
posted by sawori at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション