2012年05月31日

マネーボール「プーマのTシャツとか着ちゃうブラピ」

money1.jpg野球は詳しくないんですが、すごく面白かったです!

貧乏球団アスレチックスのGMビリー・ビーン(ブラピ)が独自の計算理論で、常勝チームに変えてゆくお話。



money2.jpgイエール大卒の側近を従え、古いおじさまスカウト達のブーイングにもめげず、理論を実践していくさまは、気持ちよくて、まさにサクセススポーツ映画の王道を極めつつも、地味にまとまってるのがすごくいい。

ブラピが緑のプーマのTシャツとかを着てて、もう、めっちゃ普通のスポーツ好きな休日のパパっぽいファッションをしてて、微笑ましかった!普段絶対着てないだろうな・・・(笑)プーマブラピ,トレイラーで見れますよハート(トランプ)

そして、娘ちゃんとの関係がすっごくよかったハート(トランプ)
money3.jpgレッドソックスという大きな球団に、GMの最高年棒で引き抜きにあい、迷うシーンで、娘(ケリス・ドーシー)が自分のために歌ってくれたCDを聴くシーンは絶対泣きますて><
ピュア!!もう、素晴らしかったですハート(トランプ)
リンク張ったんで、ぜひ聴いて欲しいです!!

何かを最初にはじめることは、批判がつきまとう。
批判されても信念を曲げない事が何かを成し遂げるには必要

とっても後味よい映画でしたハート(トランプ)

「マネーボール」Trailar



娘ちゃんが歌う曲ハート(トランプ)

posted by sawori at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年05月29日

キュン死に男子ハート(トランプ) 「加瀬 亮」

kase1.jpg
大好きですハート(トランプ)加瀬亮くんハート(トランプ)
1974年生まれの37歳。
Wikiってみましたら、なんと会社会長の御曹司・・・・と聞いて,やや萌えも遠のきました・・・御曹司に興味ないわたし・・・

7歳までアメリカで過ごしたからか、最近の「永遠の僕たち」での英語の発音がめっちゃ綺麗でしたハート(トランプ)

そして、浅野忠信に憧れ、彼の付き人してたらしいです!!

小さな作品からエンタな作品まで、とても愛情を持って演じている感が漂っている彼。
御曹司とはいえ、転校を繰り返したりいろいろな悩みもあったのかな?と彼の深い眼差しをみてると感じるのです。だからの、自然体?やっぱりいいですね!

さてそんな彼の大好き作品3作品のご紹介♪


kase2.jpg
@「ハチミツとクローバー」真山に加瀬亮くん大抜擢と聞いただけでキュンとしました(笑)漫画よりずいぶんオタクっぽかったですけど、そこが良かったハート(トランプ)



kase3.jpg
A「オリヲン座からの招待状」宮沢りえとの共演作。純愛−な役どころでキュンとさせてくれましたハート(トランプ)



kase4.jpg
B「グーグーだって猫である」キョンキョンとの共演作。医者であり猫好きでありロック好きであり自然体であるというまさにキュンポイント目白押しの役でしたハート(トランプ)

てゆうか、年上と恋に落ちる役ばっかりですね・・・

kase5.jpg
出演作多すぎてまだ見てないのもいっぱい><
ちょい役だって手を抜かない彼が大好きですハート(トランプ)
posted by sawori at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年05月28日

プール「タイのチカラの抜けたリゾートファッションハート(トランプ)

pool1.jpgわたし、ずっと「かもめ食堂」の荻上直子監督と思ってたんですが,大森美香監督でした。スタッフは一緒との事ですが、めっちゃ雰囲気似てる!

タイのチェンマイでゲストハウスをする母の元に、卒業旅行に来たさよ。
4年前に突然自分を置いてタイへ行ってしまった母への不満の思いを胸に抱き、最初はぶっきらぼうだったさよも、ゲストハウスに集う人々との交流で考えを変えてゆくのでした・・・
pool2.jpg











pool3.jpg

とにかく、ゲストハウスが美しすぎる!!!
行ってみたい!!





pool4.jpg
そして小林聡美が素敵!
足首が見えるロングスカートにコットンのトップスやワンピース。
どの素材も気持ち良さそうで、ゲストハウスにピッタリ合ってるハート(トランプ)

そしてそして、加瀬亮くんが今回もまたキュンとさせてくれましたハート(トランプ)
なんでしょうか〜あの佇まい、雰囲気、ファッションも普通で自然で最高です。
シャツにチノカーゴからのぞく足首。すいません、足首フェチです(笑)


あと、わたしもシングルマザーなので、この母と娘の距離感てゆうものは、人ごとじゃなかったです。

★さよと市尾(加瀬亮)の会話★
「お母さんはやりたいと思ったらすぐ行動して、私はいつもほって置かれる」
「でもキョウコさんはすごいよ、やりたい事をすぐやるって、だれでもが出来る事じゃないよ。」

★さよとキョウコの会話★
「なんで4年前私をおばあちゃんに預けて出て行ったの?」
「そのときはそうしたかったからだよ。
大人でも、子供でも、好きな事をしたいと思った時にすればいいよ。」
「私がぐれるとか思わなかったの?」
「そんなわけないよ!わたしはあなたを知ってるもん。だから安心してタイへ来たんだよ」
「わたしは一緒に暮らしたかった・・・」
「そうか〜そうだったのか〜」

なんとなく、これで心通じ合って、これはこれでアリな距離感というか、ベタベタした関係が苦手なのですごくキュンとしました。
決して愛がない訳ではなくって、子供というよりは血を分けた一人の人間としてとっても愛している気持ちがヒシヒシと伝わって、

映画のテーマ

「理由なんて、愛ひとつで十分だ」

にぴったりハマっていました。


散々、現実と対峙したあとの、サンクチュアリのような場所。

ゆっくりでさっぱりで至る所にキラキラした愛の粒が落ちている。


そんな映画です☆

「プール」trailar


posted by sawori at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年05月25日

パーフェクト・センス「五感なくなるなんて絶対イヤー><!」

perfect1.jpg
「全世界五感喪失」というショッキングなキャッチフレーズに思わず借りちゃいましたが、ただいまズドーンて感じです・・・






perfect2.jpg 突然、後悔と悲しみにとらわれた後、嗅覚を失うという奇病が蔓延し、瞬く間に全世界に広がる。
 それが伝染病かなにかもわからないまま、人間は受け入れ立ち直ろうとするが、今度は激しい混乱と飢えとともに味覚を失っていく、さらに・・・
というストーリー。
 
 なにかウイルス的な話って、たいてい抗体が見つかるパターンなのでちょっと安心してみてたんですけど><
 
しかも五感の無くなり方が、ひとつひとつゆっくりなんです。

だからいちいち覚悟して受け入れて乗り越えてまた絶望するの無限ループ。
見ていてキツかったです><

perfect3.jpg唯一の救いは「愛する人がいる」ということでしょうか?
でも五感が無くなってどうやって相手を認識できるんでしょうか?
雰囲気や息づかいでわかるのかな??






perfect4.jpgあとは、ユアン・マクレガーのシェフファッションはカッコよかったのが救いです(笑)

でも、人間てどんな想定外のことが起こっても、最初は絶望するのに、そのあと状況を受け入れて、なんとか乗り越えて生きていく、そしてその中にも愛や希望を見つけ出していく強い生き物だなと感じさせてさせてくれました><

 そして、改めて「五感がある素晴らしさ」を実感しましたです〜><

 五感て素晴らしい!! LOVE五感!!

「パーフェクト・センス」trailar

posted by sawori at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年05月24日

聖トリニアンズ女学院「イギリスのヤンキー?な制服ファッション」

st1.jpgヒューマンものに疲れるとコメディが見たくなります。
まさにそんな、箸休めにぴったりの楽しい作品!

落ちこぼれの集まり「聖トリニアンズ女学院」。
校長の親戚という事で転校してきたアナベルが見たものは、トンでもない生徒たち!!!

そんななか、イギリスの大臣コリン・ファースが事業の一環として、学校を建て直す政策を打ち立てるという名目のもと、廃校に追い込もうとするのですが・・・。
st2.jpg









st3.jpgゴス系、姫系、オタク系、一年生、パンクにカルトに色々な集合体があり、思い思いに制服をリメイク。
とにかく制服がカワイイ!!!それぞれの着こなしも完璧☆

写真なかったんですが、ここの制服カンカン帽なんですね。それがめっちゃ可愛くて><私も欲しくなりました!あと、タイもかわいい・・・



st4.jpg







st5.jpgしかし、オカマの校長役がルパート・エヴァレットとは!!そして学生時代に演劇部でコリン・ファースと付き合ってた設定。
「昔演技を一緒にしたね。アナザー・カントリーで」
とか言ってたので、大笑いです。

とにかく超ばかばかしく、一流で、元気でオシャレな映画でしたハート(トランプ)

「聖トリニアンズ女学院trailar」

posted by sawori at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション