2012年04月04日

キューティ・ブロンド「エルのピンク!ファッション」

image040401.jpg何回見てもわかりやすくて元気が出るこの映画ハート(トランプ)

日本でいうところの「ギャル」のエル。お家もお金持ちで、明るいエルはそんな「ギャル」たちのリーダーでしたが、最愛の彼にブロンドでバカそうなのを理由にふられてしまいます。
しかし、エルはめげません!
勉強しまくって、彼と同じハーバードの法学部に受かってしまうのです!
だんだんと法律に目覚めていくエルは弁護士を目指すことにするのですが。

image040402.jpgとにかくハーバード生の地味ファションのなか、ピンクづくしで浮きまくりのエルがほんとに笑えて可愛いですハート(トランプ)
でもいざという時はモノトーンで決めたりするエルもかっこいい。
マネするにはちょっと勇気がいるファッションですが、色を変えたりしてマネしてもいいですよね。
入学の紹介ビデオをコッポラに作ってもらったり、キャメロンディアスにセーターを選んだりというエピソードも映画好きには見逃せません(笑)

image040403.jpgちょっとおバカなこの映画の素晴らしいところは、エルが周りに何を言われてもめげないところです。
周りからバカにされても、自分のファッションに自信をもって揺るがないところ。落ち込んでも、努力して立ち直るところ。自分は侮辱さても相手を侮辱しないところ。とにかく明るく元気なところ。素直で正直なところ。
だから、見たあとも気持ちよく、スッキリするんだなーハート(トランプ)
image040404.jpg
posted by sawori at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年04月02日

アナザー・プラネット「ローダのベーシックワンピースハート(トランプ)

another1.jpgジャケ借りした新作映画。
第二の地球が発見され,そこにはもう一人の自分が存在するという。ドラえもんみたいな設定にワクワクして借りたんですが、そこまでパラレルワールドは絡んでこず残念><でも低予算でここまで作り込めば素晴らしいです^^

 主人公ローダはMITに通う才女。ちょっと調子に乗って飲酒運転したら事故を起こし,相手方の運転手の家族を死なせてしまいます。
自責の念と贖罪をずーっと抱えながら生きていく、そして遺族となった父親は喪失感から荒れた生活を送る。そんな2人の孤独な人生の背景に、第2の地球が見つかったことが絡み付いていきます。

another2.jpg
ローダは金髪のとても美しい人で,普段の清掃員のつなぎにニット帽もめちゃくちゃ似合うんですが、ネイビーの花柄のワンピースにベージュの薄手カーディガンを合わせているベーシックコーデが美しすぎましたハート(トランプ)

 大好きなシーンは、宇宙が大好きなローダがある宇宙飛行士の話をするところ。
「夢にまで見た宇宙に来て地球を見たある飛行士は感動に浸っていた。
その時宇宙船から『コン、コン』と、ペンで机を叩くような音が聞こえ始めた。調べても原因が分からず、次第に飛行士はその音を苦痛に感じ初め,このままあと25日間この音を聞き続けたら、気が狂うと頭を抱えた。
気が狂う寸前の飛行士は、こう考えることにした。
『この音を愛そう。』
するとその音が音楽のように心地よく聞こえ始めた。」

大きな大きな贖罪を抱えながらそれでも生きるローダと、喪失感で生きる意味を見失っている男。
「逃れようの無い現実をも受け入れて愛する。」
全て自分の考え方次第なんだと、そんなことを伝える素晴らしい名シーンでしたハート(トランプ)

「アナザー・プラネット」予告

posted by sawori at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション