2012年03月09日

プリティ・イン・ピンク「アンディのオリジナル手作りファッションハート(トランプ)

pink0.jpg
アンディはお洋服が大好きな女の子。
母親が家出し、職を転々とする父親(だけど娘を愛するやさしいパパ)と2人暮らし。貧しいけれど、ファッションが大好きなアンディは、部屋もお洋服も古着をリメイクしたりして、とっても個性的で可愛い!
pink2.jpg






pink4.jpg
そんな彼女のことが大好きな幼なじみのダッキー。ほぼストーカー同然の困った彼にもとっても親身で優しいアンディ。
しかし、恋は突然訪れます。
バイト先のレコード店にやってきたイケメン、ブレーン。
今で言う、ちょっと草食系の彼。
アンディとブレーンは恋に落ちますが、ブレーンは超おぼっちゃま。
貧富の差が2人の中を引き裂こうとしますが・・・。


話自体、めっちゃ良くある。
でもアンディのファッションが他の生徒と比べると超個性的で、目を引きます。
ある朝の父子の会話。
「今日のファッションかわいいね。いくらした?」
「靴がユーズドで15ドル。あとは自分で作ったの。」
キューンですね。こーゆうの大好きです。
あと、クラスの金持ち女が
「どうせ安もんの服でしょ。」
とからかうんですが,どーみてもお金持ちでみんなと一緒のブルジョワ〜な服を着てる彼女より、手作りしてみんなと違ったお洋服を着てるアンディの方が愛があって可愛い。しかも勉強もできる。カッコいい〜〜ハート(トランプ)
悩んでいたプロムのドレスも自分で手作り。

pink5.jpg
人と違った個性は異色に見えて、敬遠されがち。
人は自分と違うものを排除したがる。たとえそれがちょっと素敵に見えても。
でも、ぶれない芯があって、堂々としていればきっといつか輝いて認められるんじゃないかな?って思う、素敵な映画でしたハート(トランプ)
posted by sawori at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション