2012年03月05日

ヘアスプレー「60年代のレトロワンピースハート(トランプ)

hair0.jpgビッグサイズなトレイシーはダンスと歌が大好きな女の子。
憧れのダンサー、リンクと一緒に踊りたいという思いから、大好きなテレビのダンスショーのオーディションを受けることに。一度は落ちたオーディションでしたが、黒人の友達にダンスや歌を習い、見事合格!
しかし、人種差別から、それをよく思わないプロデューサーや他のダンサー達の反感をかい、クビになってしまいます。。。
hair4.jpg

トレイシーはとにかくビッグサイズ!
普通なら、太ってるからオーディションなんて無理だわ。。なんていうところ、
天真爛漫なトレイシーはそんな卑屈な考えなんか全くなく、
ダンスと歌が大好き!リンクが大好き!おしゃれが大好き!友達が大好き!
と正直にまっすぐに好きなことをしていきます。
hair5.jpg

ミュージカルということもあってあんまり入り込めなかったんですが(ミュージカルが苦手><)ファッションがとにかく可愛いので、見てるだけで満足です。ザックエフロンもかっこよかったし、この役好感度あがりまくりなんじゃないでしょうか?逆に、ミシェル・ファイファーは嫌な役だったなあ笑 でも綺麗だったハート(トランプ)
hair3.jpg特に、トレイシーの友達ペニーの着ている服がそのシーンもツボで、ほんとに可愛かったです。厳格な家庭の子なので、チェックなんかのベーシックなお嬢様なワンピースが多いんですが,それが最高なんです。
ダンスショーに出てる女の子達もギンガムチェックや花柄のふんわりワンピースにカーディガンと、60年代のお手本のようなファッション。
hair2.jpg
あらゆる差別という古い考えを、大きいからだと満面の笑顔で吹き飛ばしてしまう、気持ちのいい映画でしたハート(トランプ)
posted by sawori at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年03月03日

スタア誕生「エスターのボウタイワンピース」

star1.jpg
1954年のジュディ・ガーランドの代表作見てみました。
ジュディ・ガーランドに関して全くノー知識。
オズの魔法使いも見てないので今回が初めてのジュディ体験ですハート(トランプ)




star3.jpg
しがないクラブなどで歌いながら、生計を立てているエスター。
ある時、大スターのノーマンに見初められ、彼の導きで女優に転身。
ミュージカル映画のスターとして、一斉を風靡していきます。
恩人のノーマンとの間に愛が芽生えて結婚するのですが、彼は酒に溺れ始め、次第に2人の生活も荒れていきます・・・。
star2.jpg

びっくりするのは、彼女の歌唱力!!
ミュージカルはほんとに苦手なんですが、ものすごい声量と表現力に圧倒されます!これがほんとのミュージカルっていうんだな・・・とちょっと目からウロコでした。黒人の発声を取り入れてるみたいで納得。
50年代のお洋服ということで,やっぱりワンピースが可愛かったですハート(トランプ)
襟付きボウタイワンピース、まさに今流行ってるデザイン。
Miss patinaのワンピースでマネできますねー><ハート(トランプ)

star4.jpg
ジュディ・ガーランドすごいな〜と思って調べたところ、波瀾万丈な女性でびっくりでした><
まず、47歳で、薬物と睡眠薬の過剰摂取で亡くなっていること。
5回結婚してること。などなど、かなり奔放な生き方をしていたみたい。
13歳でデビューしてハリウッド側から色々強要されて、彼女はとっても華やかな世界を見たと同時に、大人の世界のドロドロな部分を見ざるを得なくて、すごく可哀想になりました。
あんなに天真爛漫に、健康的に、純粋な笑顔をして歌っていた裏側で、そんなにボロボロで戦っていたなんて。
スタア誕生の役は、アル中のノーマンを献身的に支える役だったのに、実は彼女の方がノーマンのように助けが必要だったんですね。
そう考えると、この映画は俄然、重みを増してきます。

ラストは短いセリフで、この映画のすべてを締めくくる名セリフでした。
昔の映画は、ラストが心に残ることが多いです。
素晴らしい映画でした。
posted by sawori at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション