2012年03月24日

マドンナ

Madonna.jpg
御歳53歳のマドンナ!
今雑誌なんかでも再注目されてるんです。
ちょうどマドンナがデビューした頃のファッションが再流行してるみたいなんです!ちょっとビックリ。。。時代は回りますねー。

確かにこの「ライク・ア・ヴァージン」のファッションなんて、海外ブロガーみたいじゃないですか??
私はマネするのは難しいですが(笑)
でもふんわりスカートにGジャンとかを、上品に取り入れてみたいですハート(トランプ)
あと、サングラスにビッグリボンと赤い口紅とかも流行りそうですね。

「ライク・ア・ヴァージン」



マドンナと言えば大好きな曲がいっぱいすぎて、どれも紹介したいんですが、中でもこの「レイン」はほんとに大好きです。
しかもPVのマドンナは綺麗すぎる><ショートカットでこの美しさって何?? そして坂本龍一が登場するのでそれも楽しんでみれます^^

「レイン」


いくつになっても綺麗なマドンナ。しっかり自分が出来上がって芯がある姿勢が美しいのでしょうか? 憧れますねハート(トランプ)
posted by sawori at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性シンガーPick up!!

2012年03月23日

Moviegoer shopの商品撮影をしました☆

今回も近所の公園。さむ〜い雨の日が続いたあとの晴れ間。かなり風が強くて寒かったんですが、noriちゃん、takaちゃん、ありがとう><ハート(トランプ)
nori1.jpg










nori2.jpg










nori3.jpg

今回の撮影メインはワンピースハート(トランプ)
おもにヴィンテージ商品中心に撮影しました。
ワンピースにカーディガンという定番のコーデ、やっぱり可愛すぎますよね!
流行に流されないファッションて何年か先に写真で見ても違和感がなく写るはずです^^



taka1.jpg









taka2.jpg

もうすぐご購入いただけますので、お楽しみに☆
posted by sawori at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記

2012年03月21日

スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団 「スコット・ピルグリムのロック少年ファッション」

scot1.jpg
どこまでが本気で冗談なのか、真面目なのかふざけてるのかわからない映画。笑








scot4.jpg
オタクバンドマンのスコット・ピルグリム。
ある時ピンクの髪をしたラモーナに一目惚れ。
しかし、彼女には邪悪な(どーしようも無い)元カレが7人いて、全て倒さないと付き合えない・・・ということで、戦ってゆくのですが。
scot6.jpg







scot5.jpg
この映画は、スコットという少年が7人の元カレと戦ってHPをあげ、レベルアップしていくというゲーム感覚で構成されていて、「ゼルダの伝説」のサントラが使用されています。任天堂の「ゼルダの伝説」って海外でもファンが多いんですね!
scot2.jpg
スコット役は「ジュノ」でジュノを妊娠させてしまった草食彼氏を好演していた,マイケル・セラ。
顔が小さくてくるんとしたくせ毛の金髪はBECKを思わせる風貌で、Tシャツやシャツ、モッズコートなんかもばっちり似合って可愛すぎましたハート(トランプ) ファッションもBECKって感じです。
・ ・・そう思って、Wikipediaで調べていたら,なんとサントラにBECKも加わっていて、スコットのバンド曲も作曲してたんです!どうりでなんか、「あれ?? これアホっぽいけど、結構カッコいい曲のような。。。。」と思ったのも気のせいではなかったのだわ><
scot7.jpg
任天堂とMTV世代の、2次元と3次元が混ざり合った映画。
と割り切った目で見るとなかなか楽しくスタイリッシュな映画です☆
posted by sawori at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年03月16日

理想の彼氏「アラムのシンプルファッション」

risou6.jpg
コッテコテのラブコメタイトルなので借りるの躊躇しましたが・・・笑
ちなみに監督さんはジュリアン・ムーアのダンナ様です。

サンディは、夫に浮気され、2人の子供を抱えて離婚したばかり。
就職のため、間借りしているコーヒーショップの店員アラムに、ベビーシッターを頼むことに。彼もまた離婚間近でお互い意気投合した2人は恋に落ちていきますが・・・。
risou7.jpg









risou4.jpg
サンディは40歳、アラムは25歳。
目のしわを気にするサンディに
「ぜんぜん、しわなんて無いよ。あるのはぼくの好きな目だけだよ。」
とか、ほんと、優しくてロマンチックなアラムにサンディもメロメロ。
しかも、それが全然わざとらしくなくて自然体。
それは、この俳優ジャスティン・バーサの何とも言えない地味感からくるんじゃないでしょうか。
地味。。。といっても私には良い意味で、ナチュラルで気負っていなくファッションもとってもシンプルでいわゆる草食系なのですが、結構思い立ったら何でもやるポジティブさもあって、その絶妙感があるからこそ、ロマンチックなセリフも嘘くさくなく、すんなり心に入ってくるんですねハート(トランプ)
risou8.jpg
インタビューでも彼は
「キャサリンが相手役と聞いて、絶対おろされると思った。ぼくじゃ不釣り合いすぎる」
と言ってますが、いえいえ、彼だからこそのこの映画の素敵な雰囲気に繋がったんだと思います☆

私が大好きなシーンはサンディが
「愛してるわ・・・・あ!あなたのお世辞を言ってくれるとこが大好き」
と、思わず愛してると出てしまったのをごまかすようなセリフに対して
「初めて言ってくれたね!もう一度言って。ぼくも愛してるよ」
と言うシーン。
バターン!!><
キュン死にしました笑
ぜひみなさんもキュン死にしてくださいハート(トランプ)
risou3.jpg
posted by sawori at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年03月15日

フォレスト・ガンプ「ジェニーの正統派ワンピースからヒッピーファッション」

forest1.jpg
フォレスト・ガンプ何回見てもいいですねハート(トランプ)

足が悪くてちょっと知能指数の低いフォレストが、ある日いじめっ子から逃げようと走ると、付けていた足の矯正器具が取れ,すいすい走れるように!
そんな宝物と、純粋でまっすぐな性格からどんどん成功してしまうストーリー。背景にはアメリカの歴史的事件や,有名人(プレスリーやケネディやジョンレノン)、音楽などがでてきて、ほんとに飽きさせない内容の詰まった作品です。
forest2.jpg
フォレストが生涯をかけて愛する女性がジェニー。
誰も隣に座らせてくれないスクールバスの中、フォレストが世界で一番優しい声を聞いたという「ここ、すわっていいわよ。」というジェニーの声。
ジェニーの家庭は荒れていて、そんなジェニーも大学を中退しストリッパー歌手になりドラッグに溺れたり反戦活動に参加したり、正統派だったワンピースファッションも徐々にヒッピーファッションに変化していきます。
forest3.jpg








forest4.jpg
フォレストのお母さんのファッションもなかなかかわいいハート(トランプ)
60〜70年代、お花柄のワンピースにカーデも鉄板コーデ。
ジェニーは最初はブルーのダンガリーワンピースとか定番ワンピース。
ヒッピーファッションでは白いワンピースにスウェードのベスト。
白いロングスカートに花柄のカーデも可愛かったですハート(トランプ)

副題の「一期一会」の名のとおり、ひとつひとつの出会いから人生が進んでいく様子を見ていると、私もひとつひとつの出会いが何かしら自分の方向を変えていってるんだと思います。
「人生はチョコレートの箱。何がおきるか開けてみないとわからない。」
運命は決まっているのか、風に吹かれてさまよっているのか。
私もフォレストの言うとおり、どちらでもあると思う。
チョコレートの箱という用意された人生。でも食べてみないとその箱の全容はわからない。
チョコレートを食べるように人生を楽しみたいなと思いましたハート(トランプ)
posted by sawori at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション