2012年02月10日

やさしくキスをして「ケン・ローチ監督の恋愛映画」

yasashiku1.jpg
久しぶりに素敵な恋愛映画をみましたハート(トランプ) 社会派ケン・ローチ監督の恋愛映画はやっぱり普通のラブコメとは違う趣きです。

 カトリック系の高校で音楽教師をしている白人女性ロシーン。
 ロシーンは1度結婚していましたが、自分の居場所に違和感を感じ離婚。完璧な「相性」の男性でなければ一生一人でかまわないと思っていました。
yasasiku3.jpg
 そんな時、イスラム系移民二世の女子生徒のお兄さんカシムと出会い、恋に落ちます。出会ったときから、お互いの中に穏やかな居場所を見いだす2人。それは甘く穏やかな、窓からこぼれ落ちる日差しのように心地いい感覚。まさに「完璧な相性」の二人でしたが、待ち受けるのは巨大な「宗教と家族」という大きい壁。
 カシムは敬虔なイスラム教徒の両親のもと、すでに婚約者が決められていて、両親は異教徒の白人と結婚なんて大反対。
 一方ロシーンも厳格なカトリック教の高校から職を奪われることに。
 それでも一緒に暮らしていた二人でしたが、カシムの姉がホラー映画並みのしつこさで、二人を引き離そうと色々しかけてくるんです。カシムの家族はもうむちゃくちゃ。さて、2人の愛の結末は?
yasasiku2.jpg

 ケン・ローチ監督の映画は白くてぴりっとした透明感がある。今回は恋愛映画ということで、イギリス特有のグレーなどんよりと重いものも感じさせながらも、日差しのような暖かさも感じられる映画だった。
そんな映像にファッションも合っていて,薄い淡い色合いのシャツとかが多かった。やっぱりサラッとラフなのが素敵ですよねハート(トランプ)
 しかし、カシムがかっこいい〜〜ハート(トランプ) 誠実で優しい感じが最高です。

 二人がこんなにも想い合っているのに、宗教の違いとかほんとどうでもいいって滑稽に思えてくるけど、なかなか難しいのが現実。みんな一緒に楽しく笑って暮らせないのかな?
 そんなpeaceな世界になればいいと思いますハート(トランプ)

 
posted by sawori at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション