2012年01月17日

いとしい人 エイプリルの地味教師ファッション

image-9.jpg





なんと、見終わってから気がついたんですが、ヘレンハントが監督脚本というこの映画。

教師のエイプリルは同僚のベンと結婚するも、精神的にかなり子供なベンは結婚生活が嫌になり、いきなり家出。
ショックをうけつつも、学校に子供を迎えに来ていたイケメンパパ、フランクと出会い運命を感じます。フランクも妻に逃げられ2人の子供を育てていました。
そんな時、実の母は芸能人だったことが発覚するエイプリル。
しかも、逃げた夫との子供を妊娠してしまったり、なんだかハチャメチャなことに。
妊娠検診を元夫と今彼と一緒に行くシーンはなんだろうと思いました(笑)
image-10.jpg
コリンファースやベッドミドラー、マシューブロデリックなど有名俳優が出てるわりに、すっごく地味な仕上がりです。
ヘレンハントの役柄もあるんだろうけど、ファッションもすごく地味。そこがなんか良かった! 薄いピンクベージュのシャツにロングスカートにコットンの花柄ショルダーバッグにサンダル。髪は三つ編み。このコーディネートがかわいかった。
あと、パーティーのときの黒いキャミソールドレスも☆
で、コリンファース様はシャツが似合いすぎです。
シャツが似合う男といえば、ホリディのジュードロウ。ノッティングヒルのヒューグラント。そして、こないだのシングルマンといい、素晴らしいシャツ姿を披露してくれたコリン様も仲間入りです!

ハチャメチャなことになり、血のつながりとそうでない繋がりがもうごっちゃになるんだけど、行き着く先は、「自分がどうしたいか」を優先することで、ひとつの形ができあがる。
なかなか良い映画でした。

image-11.jpg
posted by sawori at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年01月16日

「トミー風ミックスプレップファッション」

tommy1-2.jpg







トミーに感化されて最近はプレップな服を着たい気分です笑
今日は、みんなでピクニックに繰り出すCMからジャクリーンのコーディネイトをちょっと盗んでみました。
ちなみにCM使用曲はヴァンパイア・ウィークエンドの「ホリデイ」。最高です♪

ボーダータートルにネイビーのトップスを重ね着。ほんとはベージュの膝丈の巻きスカートでしたが、キャメルのショートパンツで代用。ニット帽が無かったのでキャスケットで代用。茶色のロングブーツが無かったので黒で代用です。
このベースにボーダーを強調するマフラーをして、でかサングラスをつけて、無表情になれば、トミー風ミックスプレップの出来上がりです笑

tommy2.jpg

サングラスはがらじゃないんですが、運転中まぶしい時のみ愛用してます。
実は小物以外は、guとユニクロです笑 

ちなみに詳細は・・・
ボーダータートル、ショートパンツ、ベルト、ソックス・・gu
Vネックメリノセーター・・ユニクロ

ぜひぜひ挑戦してみてくださいね^^





tomy1-1.jpg
posted by sawori at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーディネート日記

2012年01月13日

ザ・ヒルフィガーズ「ミックスプレッピースタイル」

tommy1.jpg

今回は映画じゃないんですが、トミー・ヒルフィガーのCMです♪
今まで私の中では、なーんとなくキュンとこなかったトミーなのですが、このCMを見て以来、真似しっぱなしです笑
これは「ヒルフィガーズ」という架空の家族をショートムービー風に撮ったCM。一族が総出でパーティしたり、ピクニックに行ったり、そして全員がトミーのお洋服に身を包む。そしてそのコーディネートは、一人一人の個性に合わせたミックスプレッピーファッションで、完成度が高すぎるんです。。。。もう、そのコーディネートに脱帽です。

そもそも、プレッピーとはなんぞや?というとこなんですが、1970~80年代、アメリカの名門アイビーリーグを目指す優秀な生徒が集まる「プレパラトリースクール」に通うお金持ちの生徒を指したスラング。
ボタンダウンシャツやローファーやブセーターやブレザーなどが代表的ですよねー^^

このヒルフィガーズのお気に入りのコーディネートは、ジャクリーンのボーダーのタートルネックに紺色の七分丈のカットソー、ベージュの膝丈巻きスカートに茶色のロングブーツ。そしてニット帽。
クロエちゃんの、ストライプのオックスフォードシャツにベスト、チェックスカートにアーガイルのハイソックスにローファーにサングラス。
とにかく、男女3世代のコーディネートを1本のCMで見せるって、すごくカッコいい!

ポイントは、柄×柄を思い切って合わせちゃうことと、シャツやセーターもき崩すこと、でしょうか^^
ミックスプレッピー楽しんでみてください☆

posted by sawori at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーディネート日記

2012年01月12日

NHK「東京カワイイ☆TV」さんがMoviegoerにリサーチしてくれました☆

img0112-1.jpg
img0112-2.jpg


先日、この番組の制作会社の方からメールを頂き、映画ファッションについてのリサーチ協力の依頼がありまして、昨日お電話でお話させていただきました☆

この「東京カワイイ☆TV」は見たこと無かったんですが、HP拝見したらとっても可愛くて内容も濃くてびっくり!これからぜひ見させていただきます☆

さて、まだ企画段階でのリサーチということでしたが「映画から発信されるファッション」ということで、お話していると、なんだか自分の振り返りにもなって、すごく勉強になりました。

なぜ「映画ファッション」なんだろう?改めて考えると不思議です。
・ 小さい頃から映画が好きだった。
・ 家がブティックだった。
・ 海外の音楽や映画や文学が好きだった。
・ お人形の着せ替え遊びが好きだった。
などなどの伏線。

昔から多分無意識に参考にしていることはあったんでしょうが、意識し始めたのは去年頃。そうしていると雑誌などでも女優特集でドヌーブだったりバーキンだったりオードリーだったりのレトロガールファッションがクローズアップされ始めました。それは単にファッションに限らず彼女達の個性やライフスタイルにも憧れる女性が増えてるんだと思います。

今、ショッピングモールに行くと同じような服やさんが並ぶ中、私の求めるのは自分に似合って流行に流されず個性的だけどわざとらしくないシンプルでありガーリー。そんなお洋服は映画の中にあります。
映画は総合芸術。
その道のプロで作品ごとにセンスも統一されている。しかも映画というリアルを見せるためにいかに自然であるかも計算されていると思うのです。

古典映画もベーシックなファッションは最高ですが、現代映画の自然なファッションは日常のコーディネートに十分取り入れることが出来て、法則を知れば着回しもききます☆
例えば,「ペネロピ」の花柄ワンピースのインナーにボーダーTを合わせる、とか。「キッズオールライト」のボーダーのインに赤を着るとか。
でももしパーティなんかあったらドヌーブの「シェルブールの雨傘」ぽく、水色のノースリーブワンピに黒いリボンで行きたいですね笑

となんだかアバウトなんですが、ブログやfacebookの延長のようなそんなアットホームなSHOPにしたいと思っております。アンチセレブでいかせていただこうかと・・汗

ということで、リサーチしてくださった長谷川さま。ありがとうございました☆お声からとっても可愛らしい真摯な方だと勝手に想像させていただきました^^「映画ファッション」は、くるなーというかもうきてるなーという分野ですので企画が成功されることを祈っております☆

http://www.nhk.or.jp/kawaii/

img0112-3.jpg

img0112-4.jpg
o-dori-.jpg
posted by sawori at 19:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年01月11日

ハイフィディリティ「ライブにワンピース」

highfidility1-2.jpg

音楽ファンとして、とっても魅力的なこの映画。
原作は「アバウト・ア・ボーイ」や「17歳の肖像」のニック・ホーンビー。
俳優も音楽もとってもいいのでオススメです。

レコード店を経営する音楽マニアのロブの同棲中の彼女ローラが突然出て行った!それをきっかけに今までの失恋トップ5を振り返るロブ。
なんでもトップ5にしてしまう悲しい音楽マニアの性。笑
結局はお互いに一番だと悟り、最後はレーベルを立ち上げハッピーエンド。

そのレーベル立ち上げのイベントライブにローラが着ていたピンクのノースリーブワンピース。めっちゃ可愛かったです。
私はライブにはワンピース派。ロックなライブこそガーリーでクールなワンピースが1番と思っております。

さて、ロブのレコード店はマニアにとっては天国のような場所。
週3で雇ったバイトが毎日来てしまうのもうなずけます。笑
好きな音楽を聴き、そこそこ稼いで、好きな部屋に好きな女と住む。時には浮気もする。面倒な現実ごとから目を反らし、幻想の中で生きていけばとってもラク。だけどそれは「自殺行為」だと、ローラを失って初めて気づきます。
「幻想に疲れた。結婚してくれ。」
とローラにプロポーズをするロブ。
男目線のこの映画は、「なにそれ勝手!」と思ってしまっても、やっぱりこれが愛すべき「男」の本質なんだろうと、少し可愛く思えてくる。
そんな映画でした☆

highfidility2.jpg
posted by sawori at 19:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ファッション